【ようちえん】やまぼうしのまいにち

彼だけの文字【2021.10.12】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

今日は、見学の親子が二組来てくれました。

霧の中昨日見つけたアケビの大群目指して出発。

発見した場所へ到着して、持参した高枝切り鋏で取ります。

しかし、残念、どれもからっぽ。

鳥か猿に食べられたのかなぁ。

今年はあけび食べられず、おそらく緊急事態宣言中の閉館時がピークだったんじゃないかな。

来年は食べたいです!

というわけで、昨日と同じ本拠地に到着。

橋をかける林道と山道の間に小さな溝があり、前からそこに丸太の橋がかかっていました。

でも子どもたちが行き来するには少しせまいのです。

そこで、丸太を運んで橋の改修工事をすることに。

「みんな〜手伝ってぇ」

と声をかけるのは発起人のカモフラカッパの年中彼。

その声に集まってきて、みんなで重い丸太を運びます。

丸太を物色もっと丸太を運びたい男子ーず。

倒木が集められているところで、どれがいいか物色しています。

角材を運ぶ選んだのはこちらの角材。

以前にここになにか建物があったのでしょうか。

この角材はナイスチョイス。

一本橋渡りを楽しめるいいサイズの角材です。

展望台へ昨日休んでいた年中彼女が展望台へ行きたいと。

他の子たちは昨日も登ったのか、本拠地周辺で楽しんでいました。

でも、いざ誘ってみると、数名の子が「行きたい!」とのことで、希望者で行くことに。

追いかけっこ展望台へつきました。

すっかり仲良くなった見学の男の子と一緒においかけっこ。

さすが子ども、馴染むのが早いです。

お腹すいたチームこちらはお弁当を本拠地に置いてきた二人。

お腹が空いたので、下山します。

展望台へ2下山してきたら、入れ替わりでこちらのお二人が展望台へ行きたいとな。

ユウコさんと三人で展望台へ向かいます。

残っている子たちはお弁当食べたり、折り紙したり、お絵描きしたり。

なにかの卵子どもたちがなにかの卵を見つけました。

大きさは指の爪ぐらい。

ヘビ?カナヘビ?トカゲ?

文字を描く何やら一生懸命書いている彼。

時折、視線を空中に走らせ、なにかを考え、また手を動かす。

この前もらった彼からの手紙も、このような特有の文字?で埋め尽くされていた。

なにか話ながら書いているから、おそらく文字というか、なにかを記録しているのだと思う。

大人には絶対に解読不可能な、彼だけの文字。

しかも真剣そのものの、文字。

なんて素敵なんでしょう。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5