【小学生】にちようの森

念願のにち森【2021.6.27】

スポンサーサイト

本日はにちようの森。

比較的遠いところから来る子が多いにち森は今年度に入って、ずっと自粛してきました。

それが、ようやく解禁。

約3ヶ月ぶりに会う子どもたち。

そして、新メンバー3人も初の参加です。

竹林で遊ぶ新メンバー3人は全員、やまぼうし卒園児。

竹林での遊びも慣れたものです。

しかし、最初は固まる新メンバーたち。

にち森メンバーに圧倒されている感じでした。

それでも我が娘の小1彼女は、にち森メンバーとも顔見知り。

すぐに慣れて遊びはじめていました。

小2彼も小5彼とプライベートで一緒に遊ぶ仲。

さらにやはり小2ともなると、馴染むのが早くなったのか、いつもどおりの彼といった感じでした。

さて、小1彼はと言うと、ガチガチに緊張しているのが、ひと目で分かるほど。

話しかけても口数少なく。

苦しかったらマスクとってもいいよと言っても、決して外さない。(たぶんマスクが安心材料)

やまぼうしで見てきた彼とは違う姿が新鮮でした。

そんな彼も少しづつ慣れてきて、後半ではまだ少し緊張している感じでしたが、わりかしいつもの彼に近づいておりました。

お昼ごはん

長いブランクのせいか、鬼ごっこを長く続けられない子どもたち。

少し走ったら、あとはお話したり、まったりしたり。

そして、早々にやまぼうしの家へ行くことに。

まずは腹ごしらえ。

当然のように東屋に登ってお昼ごはんを食べる子どもたち。

久しぶりのこの光景が懐かしく感じて、にち森だなぁと感慨深い。

御飯作り毎度おなじみのりょうくん飯。

カップラーメンチャーハンは進化して、卵とじコロッケのせカップラーメンチャーハンになっておりました。

奥の小5彼はりょうくんに教えてもらえってから、毎食カップラーメンチャーハン。

今では一人で台所へ行き、パパッと作って戻ってきます。

今度は卵とじコロッケにも挑戦かな?

ミミズ探しお腹が満たされれば遊びだす子どもたち。

ミミズを見つけたらしい。

中にはミミズを知らない子もいて、みんなでミミズを探すことに。

やまぼうしの家には大量のミミズが住んでいます。

石をどけたり、土を掘るとわんさか出てきます。

ミミズ発見に盛り上がる子どもたち。

アカハライモリ岩をどけると、アカハライモリちゃんがいました。

久しぶりに出会ったイモリちゃん。

お腹が赤いキュートな子です。

泥遊びこちらでは泥遊びが始まりました。

川に炭を入れて泥水を濾過したいらしいです。

裸足になって泥水に入っていく子どもたち。

小6女子たちが積極的に入っていって、それに小5女子たちが続く。

案外、男子たちは静観といった感じ。

高学年女子たちが弾けています。

泥水のかけあいその最たるものが、水のかけあい。

水といっても、泥水です。

そして、今日は寒いです。

私もやりましたが、全然、水遊びする気温ではありませんでした。

それでも子どもたちは楽しそう。

ドロドロになりながら水をかけあいました。

おやつタイムおやつタイムでひとやすみ。

焚き火で暖まります。

おやつも子どもたちやりょうくんが持参してくれたものを分け合います。

久しぶりのにち森。

3ヶ月ぶりに会う子たちはみんな体が大きくなったような気がします。

特に6年生女子は手足がシュッと長くなって、お姉さんといった感じ。

その成長ぶりに驚くけれど、いざにち森が始まると、いつもどおりの彼女たちに一安心。

鬼ごっこして、くだらない話に大笑いして、泥遊びして、水のかけあいして。

何度も言うけれど、本当に無邪気に遊ぶ。

見た目は大人に近づいているけれど、中身はまだまだ子どもなんやなぁと思ったけれど、もしかしたらそれはにち森だからかもとも思う。

これも前に書いたけれど、にち森では童心に戻れるんだと思う。

ある子は、今日のにち森に「よぉし、やりたいこと全部やってこよ!」と気合い入れて来たのだそう。

たぶんそれが鬼ごっこ、泥遊び、水の掛け合い、好きなところで御飯食べるなど、普段にち森でしていることなのだろう。

だから学校や家では違う姿なのかもしれない。

そう思うとさらに愛しさが増す。

本当にかわいい子どもたち。

新メンバーも終わるころにはみんな慣れてくれた感じで、きっと数回ですっかり馴染んでくれるはず。

ようやく開始した今年度のにち森。

願わくば、もう中断することなく、最後まで突っ張りしたい。

今年度は小6メンバーのラストイヤー。

悔いの無いように毎回遊び倒したい。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【小学生】にちようの森

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5