【ようちえん】やまぼうしのまいにち

子どもが大人を采配する【2021.10.4】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。
それぞれの遊び通称「魔女の家」へ。

着くとリュックをおろして思い思いに遊びだす子どもたち。

どこでもどんな時でもまずはトミカ遊びのこちらのお二人。

奥ではりょうこさんが患者さんの病院ごっこがはじまっています。

散策

こちらの年中彼が探検に行きたいと。

みんなも誘ってみるけれど、それぞれ遊びに夢中。

というわけで、私と二人で探検にでかけることに。

しばらく歩くと栗を発見。

栗拾いに夢中です。

たくさん拾っているうちに暑くなったみたい。

「お茶飲みたいし、戻る」とのことで、みんなの元へ戻っていきました。

手乗りバッタこちらは手乗りバッタ。

「僕、虫好きやら、虫も逃げへんねん」と嬉しそう。

でもそういうのって本当にあると思うんです。

以前いた子のお姉ちゃんは大大大の爬虫類好き。

そのお姉ちゃんがたまに遊びに来てくれた時は、いつもはみない生き物にわんさか出会えるんです。

きっと爬虫類好きのエネルギーが呼び込んだのだと思います。

だからこのバッタも、きっと彼の指が安心するんじゃないかな。

全員でごっこ遊びほぼ全員でのごっこ遊び。

昨日に引き続き、大勢でひとつの遊びをする姿が。

しかしごっこ遊びを大人数で共有し続けるのは難しいようで、気がつけば数グループに分かれてのごっこ遊び。

それでも各グループの間で行き来があり、緩やかな連携はとっている感じ。

いずれにしても大人のはいる余地がない時間帯が、ぼちぼちと現れてきて、なんとも頼もしい限りです。

BB弾探しこちらの彼はBB弾を見つけたらしく、BB探しに夢中。

たしかこの前もいっぱいBB弾を見つけた気が。

定期的に誰かサバゲーしにきているんでしょうか?

お弁当もバンガローでおままごと男子ーずは、お弁当もおままごとしているバンガローの入り口で。

わざわざお弁当箱を運んできてのランチタイムです。

探検午後からはみんなで探検へ。

途中の分かれ道で、どちらに行くのか意見が別れる。

すると写真の先を歩く年少彼が、こっちの道はたける父ちゃんとあっちゃん、あっちの道はりょうこさん、と采配して、見事に二手に別れました。

そこからは二手に分かれて行くことに。

合流途中で合流して広場へ。

ここでも栗をひろう。

途中で、今度は先に戻りたい組が現れる。

りょうこさんと一緒に戻って、残り組は遊んでから戻る。

大人が決めるんじゃなくて、子どもたちで決めることを繰り返していくと、こうして子どもが大人を采配するようになるのか、と目からウロコでした。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5