【ようちえん】やまぼうしのまいにち

一人の時間、一対一の時間、みんなとの時間【2021.10.14】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

だるまさんがころんだ年中コンビとりょうこさん。

私が見た時は、三人で楽しそうにだるまさんがころんだ。

それぞれが鬼を交代して、楽しんでいました。

あとで聞くと、学校ごっこもしていたらしく、赤帽子彼が先生で、黄色帽子彼とりょうこさんが生徒。

ますます年中コンビの仲が深まっていくように見えます。

トカゲの家つくりこちらではヤモリの家づくり。

年少彼がヤモリを捕まえたことで、石での家つくりが開始。

年中彼女は魔女の家に来た直後、派手にころんで大泣き。

みんなが遊ぶ中、しばらく痛みとショックから立ち直れず、私と一緒に座って過ごしていました。

おかげ?で、久しぶりに年中彼女と二人だけでゆっくりな時間を過ごせました。

最初は私も特になにも喋らず、彼女も痛みとショックから茫然自失。

次第に立ち直った彼女がちらほらと何気ない会話をはじめる。

しばらくそうしたお話をしていると、立ち上がって、遊びにでかけた彼女なのでした。

石をとるヤモリの家つくりはメンバー構成を変えながらも、しばらく続きます。

材料の大きな石は、橋の下の川にあります。

みんなで取りにって、運んでの繰り返し。

焚き火ごっここちらでは焚き火ごっこ。

U字ブロックに木やら石やらをつめて、新聞紙丸めたのは焼き芋だそう。

この上に忘れ物の網をのせて、忘れ物のトングで丸めた新聞紙や折り紙で作った具材をのせて、焼いていきます。

こちらの焚き火ごっこも大いに盛り上がり、かなり長い時間続いておりました。

「焼き火やで」、「焼き火しよ」と「焼き火」を連呼する子どもたち。

そうです、これは、焚き火じゃないんです、焼き火なんです。

ひとりの時間みんなから離れて、ひとりで「働くくるま」の自作替え歌をうたいながら、トミカを走らせる彼。

とってもご機嫌で、とっても楽しげ。

みんなと遊ぶのも楽しいけれど、こうしたひとり時間も必要なんでしょう。

なにも友達と遊ぶのだけが大切じゃない。

ひとりで遊んでてもいいんです。

彼を見ていると、単純に、こんなご機嫌タイムを邪魔するなんて考えられない、と思えます。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5