【ようちえん】やまぼうしのまいにち

鳥はどんぐりを食べるのか?【2022.10.31】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

ラキューで遊ぶラキューを持ってきた年中彼。

魔女の家について、意気揚々と出して遊びだす。

きっと、他の子もやりたがると予想していのだろう。

予想外に、みんな他の遊びに夢中になる。

アピールに、「おぅい!」と一声あげてみる彼。

子どもっていうのは、思い通りにいかないもんです。

それは対大人でも対子どもでも、同じです。

鬼ごっこ鬼のお面をかぶっての鬼ごっこ。

普通にお面被って追いかける彼が何気に面白い。

じゃんけんでもめるなんの遊びをするのか話し合う子どもたち。

年長彼とオレンジ帽子彼の意見が分かれる。

じゃんけんで決める。

が、オレンジ帽子彼は負けるのがいや。

年中さんたちだけの時は、後出しを駆使して勝つ年中彼。

しかし、その技は年長彼には通用しない。

指摘されて、ごまかす年中彼。

追求する年長彼。

そのやりとりに笑いそうになる。

おままごとおままごとを楽しむ。

準やまちゃんも当たり前のように混ざっている。

青服の彼が大きな石を持ってきたら、準やま彼女「でっかい石はいらないんだよねぇ」と石をぽいっ。

さきほどのオレンジ帽子彼と一緒に遊んでいて、オレンジ彼が違う遊びにいこうとすると「○○はいかないでしょ」と引き止める。

オレンジ彼は「ちょ、ちょっと遊んでくるだけで、すぐ戻ってくるからぁ」と遊びに出かける。

まるで引き止める嫁に対して、言い訳しながら遊びに行く夫のよう。

どんぐりを集めるこちらの虫プロ二人は、どんぐりを集めてはせっせと殻をむいています。

聞くと、鳥のエサになるとのこと。

どんぐりを拾う男子たちのためにどんぐり拾う準やま彼女。

私も一緒に拾う。

拾っていると、どんぐりが木から落ちてきた。

「えっ!」という顔で上を見上げる準やま彼女がかわいすぎました。

エサをあげる並んで、手のひらにどんぐりのせて、鳥が来るのを待つ三人。

「ぼくは鳩がいい」「ぼくはカラス」「私は小さい鳥」

とどんな鳥が来てほしいのかを話し合う子どもたち。

鳥はこなかったけれど、待つ姿もかわいかった。

かくれんぼ子どもたちだけで、かくれんぼで盛り上がる。

みんな同じところに隠れるから、一瞬で全員見つかるけど、楽しそう。

次の鬼決めるルールもよくわからないけれど、何度も繰り返して遊ぶ。

準やま彼女も「いれて」と一緒に遊ぶ。

年中彼女が手を繋いでお世話してくれる。

すっかりやまぼうしの一員の準やまちゃんです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5