【ようちえん】やまぼうしのまいにち

小競り合い【2022.5.12】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家に集合です。

朝から雨ですが、この程度の雨なら庭で遊びます。

雨の中で遊ぶ男子たちは、いつものように鬼ごっこしたり、ロープで遊んだり。

カッパ着ない子もいて。

少しぐらい濡れても、気になどしない子たちです。

赤ちゃんを見るこちらの女子二人は、生後一ヶ月の我が長男を愛でています。

絶賛、ベビーブーム中のやまぼうし。

生後2,3ヶ月の子と比べれば、生後1ヶ月の長男は、めちゃんこ小さい。

鳥の頭の骨庭のすみっこで発見した骨。

おそらく小鳥の頭骨。

庭でもこんなものに出会えるなんて。

蛇にでも食べられたのでしょうか。

骨でごっこ遊びをするこちらの二人に骨を見せると、最初は観察していたけれど、その次には、まさかの骨でごっこ遊び。

「こんにちわ。私は○○から来ました」などと、まるで人形で遊ぶように、鳥の頭骨で会話していた。

なんともシュールな絵。

泥遊び

今日は女子デイのようで、ずーっと二人で遊んでいる。

ずーっと泥遊びしている。

たいした集中力です。

小競り合いストライダーに乗る緑帽子の年長彼。

ストライダーに乗りたい青帽子の年長彼。

貸して、と言うが、貸してもらえない。

なんとかかんとか言って貸してもらおうとするが、通用しない。

仕方ないので、後ろをついていく。

何度か、小競り合いみたいな感じになる。

喧嘩になるか?と思うけれど、そこまでは発展しない。

小競り合いして、距離おいて、また小競り合いして。

さらに揉めそうになると、どちらかが、笑いにかえて、緊張を和らげる。

それでも、日に日に、小競り合いが増えてきている気がする。

年長男子同士のプライドがぶつかり合うのもそう遠くはないのかもしれない。

そんな日を、実は密かに待ち遠しく待っている。

タープを設置する雨除け、日差しよけに、何度もタープを買って設置しては、片付けることをしらない私たちは、毎年度、壊してしまっている。

今年買ったのは、こちらのタープ。

長持ちさせたいものだが、どうだろうか。

しかし、とにかく、タープのおかげで、雨宿り。

色水遊びタープの下で、色水遊び。

紫、黄色、緑、青。

いろんな色の花で、せっせと色水をつくる。

紫色の花なのに、色水にすると青色になる。

遊びながら、そうした驚きに出会う子どもたちです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5