【ようちえん】やまぼうしのまいにち

自己主張の強まりを感じる【2022.9.13】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

何気に、二学期はじまって全員集合したのは初めてではないだろうか。

カードゲームで遊ぶともちゃん持参のカードゲームで盛り上がる。

トイレの花子さんゲーム?みたいで、カードの表面に『呪』って書いてある。

こわっ。

でも、楽しそうに盛り上がっていた。

早弁年中男子二人と早弁。

青帽子の彼はおにぎりひとつ平らげて、チョコパンを二個ほど食べる。

ちょっと前まで、おにぎり一口とかだけだったのが、よく食べるようになったなぁと親戚のおじさんみたいな気持ちになる。

親子組のところへ火曜日恒例の親子組『つぼみ』ちゃんのところへ。

年長男子二人だけが、りょうこさんと居残り。

年中男子たち、何やらもめます。

最近、よくもめています。

右から二番目の青帽子の彼の棒を借りたいオレンジ帽子の彼。

当然、青帽子の彼から「返して」と言われるが、黙り込んでかたくなに返さないオレンジ帽の彼。

青帽子の彼、怒るかなと思ったら「じゃあ、あとで返してね」と大人な対応。

青帽子彼の大人な対応と、オレンジ帽彼の、これまでに見ない頑なな態度。

それぞれの子が、これまで見せない姿を見せ始めている気がします。

栗道中で、いい感じに爆ぜた栗を発見。

炎天下、栗拾いに夢中になる子どもたち。

ずっと拾わせてあげたいけど、暑すぎるので、途中で先へ進みます。

集めた栗は金曜日のごはんつくりの時に炒って食べたいな。

これから食欲の秋。

栗にアケビに柿に。

楽しみがいっぱいです。

けんかのあとに最初は仮面ライダーごっこだったんです。

遠くから見ていたら、けっこう激しく戦っていて、パンチとかキックがお互いに身体に当たって痛かったでしょう。

ケンカ分かれみたいになって、お互い離れ離れになって、ふたりとも、目元を拭っていたから、涙が出ていたのでしょう。

しばらくすると、自然と距離が縮まって、写真のように並んで座って、何やらお話しておりました。

そして、また元通りに遊びだす二人です。

だんだんにみんなの自己主張が強くなってきています。

楽しみなのと、こちらのメンタルを試されるのか、とヒヤヒヤしているのが、半々といった感じです。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5