【ようちえん】やまぼうしのまいにち

誕生日おめでとう【2020.10.26】

スポンサーサイト

今日は秋祭りの準備があるので、やまぼうしの家に集合。

わくわくタイム今回は年少彼女が、朝にワクワクタイムを披露してくれました。

家で年長彼が折ってくれた折り紙を紹介してくれます。

お神輿づくり今回もお神輿づくりは年長彼女が。

そして年少彼はそれをじっと見ています。

最近気がつけば、年長コンビが工作しているのをじっと観察している年少彼。

お母ちゃんに聞けば、家で工作しまくっているらしいのです。

やまぼうしで観察して、家で試してみる。

来年には年少彼もやまぼうしで工作しまくっているのかも。

テープ貼り肝心の年少彼女もどこかへ行ってしまい、リョウコさんが黙々と作っていると、救世主が現れました。

意外と言っては失礼か、年少彼がやってきて、リョウコさんと一緒に工作の続きをしてくれました。

このあと、ソーラン節も踊ったのですが、こちらの年少彼、しっかりと腰をおろして、決まっていました。

もうひとりの年少彼も劇への意欲が誰よりも強い。

もしかしたら、今回の秋祭り、年少男子コンビが一番やる気満々なのかもしれません。

ロケットを塗る劇で使う小道具の色塗り。

こちらも完成。

いい感じの仕上がりです。

チョークでお絵かき絵の具をしたいお二人ですが、今は小道具つくりで使っているのでご遠慮願います。

代わりに取っていってはなんですが、チョークでお絵かき。

これはこれで楽しんでおられました。

松ぼっくりで野球年少男子コンビは松ぼっくりで野球。

でも近くで投げて顔に当たるから、黄色帽子の年少彼は、すぐに違う遊びへ。

遊びこむとまでは行きませんが、こうして一緒に遊ぶ姿もちらほら。

誕生日会そして今日は年少彼女の誕生日。

みんなでお祝いです。

この前に秋祭りの通し練習をしていたのですが、劇のところまできて、子どもたちが揉めて泣き出す。

なので終了して、落ち着ついたところで、お誕生日会。

今日はいろいろと制作したり、練習したりと、子どもたちへの負担が大きすぎたかもしれません。

子どもたちも疲れていたようです。

ごめんなさい。

お誕生日会がはじまると、みんな落ち着いて、楽しんでくれたようで、良かったです。

インタビュータイム恒例のインタビュータイム。

私がいつもする質問。

「一番好きな人は誰ですか?」

お母ちゃんかなぁ、と予想していたら、まさかまさかの意外な人物が。

なんと準やま彼のお父ちゃん。

この前、いっしょに遊んで、変顔してくれたからだそうです。

毎年同じ質問しても、こうして答えが変わるのが面白い。

この前まで「2ちゃい」と言っていた彼女が、もう4歳。

それまで人見知りの感があったけれど、今年に入って、新しい子への受け幅がどんどん広くなっていく年少彼女。

これからのあなたの成長も、楽しみでしかたありません。

4歳おめでとう。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5