【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ピーピー豆が吹けた【2022.5.13】

スポンサーサイト

本日はごはんつくり。

やまぼうしの家に集合です。

男子たちの料理ごはんつくり再開して、再開前は若干飽きていたような男子たちも、具材切りに参加します。

男子たちは、自分で持ってきた具材を切ると、すぐに庭に戻ってきます。

女子たちの料理続いて女子チーム。

我が三女もいっちょ前に参加。

女子たちは、切らない派の男子たちの具材も切ってくれます。

一人で遊ぶ最近、こちらの彼はひとりで黙々と遊ぶ姿もちらほら。

それまでは、友達と遊ぶのが楽しいといった感じで、友達を求めていましたが、それも一段落したのかな。

もちろん、友達と遊ぶのも楽しみますが、今まであまり見られなかった一人で遊ぶ時間も大切にしている感じ。

なんだか次のステージに移りつつあるような予感。

成長につれて、その子の行動に変化が起こってくるのが面白いです。

色水遊び今日も女子たちは色水遊び。

昨日、作ってペットボトルにいれていた色水。

青色だったのが、今日見てみると、りんごジュースみたいな色に。

不思議です。

今日もせっせと、花をこすって色水をつくる。

まるで職人さんのようです。

鬼ごっこ男子たちは鬼ごっこ。

いつでもどこでも走ります。

レインウェアを着る雨が降ってきたので、カッパを着込む彼。

着るのにめちゃくちゃ苦戦している。

スタッフのともちゃんが、手伝おうとすると、「自分でする!」とめちゃ怒る。

なんとかかんとか袖を通して、チャックは自分には無理だと納得しているのか、私に「しめて〜」と。

でも、上下反対。

フードがお尻についている。

伝えると、また脱いで、着るのに苦戦。

でも自分でやりたい。

なんとかかんとか着て、ようやくチャックも閉めれて、いざ雨の中へ。

彼の、「自分で!」の精神は強い。

木登りを教える庭の木が年々大きくなってきて、ようやく子どもなら木登りできるぐらいになってきた。

赤帽子の年中彼はとっても身軽で、一人ですーっと登ってしまう。

それを見ていて、グレー服の年長彼も挑戦。

登り方を年中彼に教わりながら、登っていく。

「そこの枝を持って、そうそう、そこに足かけて」

「こう?ここでいいの?」

年中彼のアドバイスを素直に聞いて登り切ることができた年長彼。

二人とも嬉しそう。

年上年下を意識する機会がほとんどないやまぼうし。

年上だろうが、年下だろうが関係なく、できる子に素直に聞ける関係性がいいなぁと思うのです。

ピーピー豆を吹く最近、密かなブームがやってきているピーピー豆の笛吹き。

カラスノエンドウの豆で笛みたいな音を出せるのです。

しかし吹き方が難しく、コツがいるので、これまで吹けるのは私だけでした。

だがしかし、今日、年長彼女が初成功。

ピーッと音が鳴った時の彼女の嬉しそうな顔よ。

大きく目を見開き、喜びが溢れ出るような表情。

それまで全然音が出なかったのに、一度コツを掴むと、何度もピーピーと音を出せるようになるのが不思議なところ。

彼女が音を出したのを見て、他の子たちも俄然やる気に。

次いで音を出せたのは、りょうこさん。

皆の視線がりょうこさんに集まる。

さぁ、次に音を鳴らせるのは誰でしょうか。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5