【小学生】にちようの森

新生2022年にち森始動【2022.5.15】

スポンサーサイト

本日は今年度最初のにち森。

今年からの仲間が5人。

去年度とはがらっと雰囲気の変わった新生にち森の始動です。

竹林で鬼ごっこいつものように竹林で遊びます。

いつものように鬼ごっこします。

しかし今年度のにち森はこれまでと一味違う。

去年度までは問答無用で、私とリョウくんがエンドレス鬼でしたが、今年は鬼をしたい子が続出。

子どもたちだけでじゃんけんして決めます。

それ以前に、氷鬼をするのか変わり鬼をするのかを決めるところから自分たちで。

なんだか、やまぼうしっぽい。

そして、案外早く話が決まっていく。

リレー子ども発信で、今度はリレー。

めちゃめちゃ盛り上がる。

「やらなーい」と言った男子は、審判役を。

審判役の彼が一番応援していた。

新入会の子が5人いて、生まれたばかりの集団。

竹林に入っていく時は、緊張の面持ちだった子たちも、鬼ごっこして、ほぐれ、リレーしてさらにほぐれ、あっという間に打ち解け合う。

はじめましての子の名前を呼び、ともに盛り上がる。

今年のにち森も、なんだかいい感じです。

庭で遊ぶお腹減ったぁ、とのことで、やまぼうしの庭で。

それぞれ思い思いにご飯を食べ終わると、勝手に遊びだす子どもたち。

庭の川に橋をわたして渡る遊び。

新旧入り乱れて、そんなの関係なく遊ぶ遊ぶ。

焚き火マシュマロ持ってきてくれた子がいたので、焚き火をすることに。

なんと焚き火も自分たちでつける。

すぐに火がつく。

でも、マッチ擦りたい子がたくさんいるので、順番にすって、焚き火に投げ込む。

今年は私が焚き火しなくても大丈夫そうです。

よもぎだんご作り女子たちはよもぎを摘んで、よもぎ団子つくりを始めます。

今年からボランティアのなっちゃんが来てくれたおかげで、料理など女子たちのやりたいことを一緒にしてもらえます。

泥遊びその間、男子たちは泥遊びで一致団結。

竹で水を流し、スコップで水の流れをつくって。

竹の道をつくる子がいて、スコップで掘る子がいて、水をくんで流しに行く子がいて。

打ち合わせしたわけじゃないのに、それぞれ自分の役割をこなしている感じ。

なんだか職人集団みたいでかっこいい。

大いに盛り上がったにち森。

今年度のメンバーもかわいくて、これからが楽しみです。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【小学生】にちようの森

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5