【ようちえん】やまぼうしのまいにち

焼いた団子のおいしさよ【2022.5.11】

スポンサーサイト

本日は親子半日デイ。

お母ちゃん企画で、みんなでヨモギ団子作りをしました。

ヨモギを探しに行く母ちゃんリクエストで、よもぎを探しに行く子どもたち。

ヨモギがなにか分からない年中さん。

「裏が白くて、いい匂いがして」と教えてあげる年長さん。

いつも遊んでいる庭に、こんな草があるなんて、とはじめて知った子もいたはず。

庭で遊ぶヨモギ集めもそうそうに、遊びだす子どもたち。

枝を揺らす男子たち。

年中女子「枝折れるから、揺すらんといて」

男子ーズ「ちゃうねん、枝に虫がいてん」

年中女子「えっ、毛虫?」

男子ーズ「ううん、なんか違う虫」

年中女子「でも、折れたらダメだから揺すらんといて」

男子ーズ「う、うん・・・」

他にも、ある子が見つけたものを、みんなのものか、拾った子のものかで議論したり、子ども同士の会話がいっちょ前に成り立っていて面白い。

家の中で遊ぶ今、やまぼうしには4人のベビーズたちがいます。

親子参加の日はみんな集まって、一緒にゴロゴロ。

並ぶ赤ちゃんたちが、たまらんかわいさです。

外で遊んでいた子どもたちも、次第に家の中で遊びだす。

年がら年中ほぼ野外のやまぼうしは、たまの室内遊びが貴重なんです。

よもぎ団子つくり

母たちがヨモギを茹でて、小麦粉をこねて、団子つくりをしてくれます。

他の母たちは、ベビーズたちの面倒や、他の子の見守り。

ベビーズたちも実母以外のたくさん母ちゃんたちに抱っこされて、大勢の義兄姉たちに見守られて大きくなっていきます。
団子を丸める団子を丸めるたい子たちが、集まってきて丸めます。

3つほど丸めて、おしまいの子。

何個も何個もつくる子。

遊びに夢中で参加しない子。

それぞれです。

でも食べる時は、もちろん全員すぐに集まってきます。

焼き団子大人の思いつきで、急遽、七輪を準備する。

炭火で、団子を焼く。

これが絶品。

焼いたほうがうまさ、数倍増しです。

やっぱり、みんなでなにか作って、一緒に食べるのって、楽しい。

今年度は、食べることたくさんしていきたいなぁ。

もちろん、コロナ対策はしっかりしてね。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5