【ようちえん】やまぼうしのまいにち

秋を感じる農道散歩【2020.9.11】

スポンサーサイト

本日は久々の農道散歩からスタート。

神社へ参拝出発して、おもむろに神社へと行く子どもたち。

「あっ、神社へ行くんや」

久々の農道散歩だから、すぐに走り出すのかと思いきや、意外や神社へ。

「だって久しぶりやから挨拶しな」

と子どもたち。

確かにその通り。

きちんと神様にご挨拶しなければいけません。

慣れていない年少彼に、

「帽子脱がなあかんねんで」

と優しく帽子を脱がして教える年長彼。

日本の見えぬものへの畏敬の念は、

彼、彼女たちが受け継いでいってくれます。

ベビーカー争奪戦神様にも挨拶を終えて、さぁ出発。

と、誰が三女のベビーカーを押すのかでもめる。

みんな押したいけど、みんなでは押せない。

年長彼女が、各自どこを持つのか采配する。

一人後方からそれを後方から見守る年少彼。

最近、準やま彼女が年少彼を目の敵のように、

「年少彼はしちゃだめ〜」

「年少彼は来ちゃだめ〜」

ちょっと前まではそれに対して、反撃して逆に泣かせていた年少彼ですが、

最近はそう言われるとしょぼんとしちゃう。

今日も神社で「来ちゃだめ」と言われてしょぼん。

しょぼんとしながら、激しいやりとりを眺めておりました。

ちびっこ二人でしかしながら、準やま彼女と年少彼。

やはり仲良しなのには違いない。

ベビーカー争奪戦からあぶれた準やま彼女と二人でお散歩。

見つけたのはネコジャラシ。

朝読んだ絵本に出てきたネコジャラシ。

絵本のように、お互いにコショコショコショとこしょばします。

蜘蛛クモにもこしょこしょ。

クモジャラシ。

電柵にばった電柵にいたバッタも発見。

その横顔がなんだか哲学者っぽい。

オレンジの花花も秋のものに変わりつつあります。

オレンジのこの花は名前は分からないけど、秋口に見る花。

葛の花こちらは葛の花。

たくさん咲いていました。

花を手に持って年少彼女の手には歩きながら摘んだ花が。

実はベビーカー争奪戦に敗れた年少彼女。

今、ベビーカーは年長コンビの手に。

年少彼女から見れば、この争奪戦で年長コンビの機嫌が悪くなったよう。

だからこの花を渡して機嫌を直してもらおうという作戦。

しかし花は受け取ってもらえず。

「もらってくれなかったねぇ」

と笑って話す年少彼女。

なんだかたくましくなったなぁ。

田んぼこちらはやまぼうしの田んぼ。

もち米を植えています。

もうすぐ収穫時期。

稲穂いい感じに実っているのではないでしょうか。

収穫が楽しみです。

御飯作りゆっくり散歩して、ようやく家へ到着。

早速、御飯作り。

まずはスープ作り。

それぞれ持ってきた具材を切ります。

よもぎ摘み今日のメインデッシュは蒸しパン。

蒸しパンに入れるヨモギを摘みに行きます。

春先に作った蒸しパンはヨモギやたんぽぽ入り。

これが、中々美味しいんです。

さつまいもをさいの目切り年少彼が持ってきたさつまいも。

自分で切ると張り切るが、固くてすぐに断念。

引き継いでくれたのが年長彼。

蒸しパンようにさいの目に切る。

丁寧にきれいに切っていく。

包丁使いはいっちょまえです。

蒸しパン作り蒸しパン作り。

主導で行うのは年長彼女と年少彼女。with準やま彼女。

さつまいも切り終えた年長彼もあとから参戦

クールダウン

しかし、小麦粉ふるのにも、いちいち年長彼女からの指示が飛ぶ。

しかもその言い方がかなりヒステリック。

嫁にあんな言い方されたら、影で激しく罵っているレベル。

年長彼もきつく言われて、だんだんと無表情に。

あっ、これは心を飛ばしているんだと、

世のお父ちゃんなら、きっと分かるだろう感情。

この歳で、すでにその技をマスターしているなんて。

それで心が疲れちゃった年長彼が三女に癒されてる図。

蒸す前蒸しパン蒸す前の蒸しパン。

すでに美味しそうです。

さぁ、うまく蒸せるでしょうか。

三人で遊ぶ最初の具材切り以来登場してこなかった年少彼。

またもや準やま彼女に「しちゃだめ」と言われて、部屋で遊んでおりました。

何度かお誘いしたけど、彼の心も疲れちゃったみたい。

自由奔放な準やま彼女は、そんな彼の気持ちなど知らず、

蒸しパンつくりを突然終えて、年少彼の元へ。

それでも仲良しな二人は、楽しそうにおままごとをしておりました。

お昼ごはんいつもお腹がすきすぎて、まともなランチ写真が撮れない私。

今日もこんな写真しかなかった。

蒸しパンはといえば、大成功。

程よい甘みで美味しい。

中に入れたさつまいも、チーズ、バナナ。

それぞれの味も美味しかった。

なつめ午後、イレギュラー年少彼のお母ちゃんが、なつめを持ってきてくれました。

何でも家でたくさん捕れるとのことで、おすそ分けしてくれました。

初めて食べるなつめ。

小さいりんごみたいな感じ。

来年はみんなで収穫しにいかせてもらえたらいいなぁ。

わざわざ届けていただき、ありがとうございました。

紙芝居食後は、それぞれ自由に遊んでいた子どもたち。

するとジュンさんから、

「ワクワクジュンさんタイムがはじまるよ〜」とのお声。

ワクワクさんならぬ、ワクワクジュンさん。

外に行くと紙芝居セットが。

この紙芝居の枠。

お世話になっているご近所の方が、

知り合いからもらってきてくれたんです。

いつもいつもありがとうございます。

絵本とはまた一味違う紙芝居。

子どもたちもとっても嬉しそうでした。

子どもたちで紙芝居

ワクワクタイムが終わったあとは、自分たちで紙芝居。

次は画用紙に書いて、オリジナルの紙芝居を作るのだそう。

新作紙芝居、楽しみにしております。

月曜から遠足で中々ハードだった一週間。

子どもたちも疲れた様子がうかがえました。

週末ゆっくりして、また来週いっぱい遊びましょう。

今日の絵本と紙芝居

キヨノ サチコ『ノンタン こちょこちょこちょ』

文:中西 翠 絵:澤野 秋文『かべのすきま』

磯田 和一『おつきさまのともだち』←紙芝居

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5