【小学生】にちようの森

にち森、ついに再開!【2020.9.13】

スポンサーサイト

本日は、にち森。

コロナの影響で実に七ヶ月ぶりの開催です。

本日は見学も含めて新メンバーが四人。

自己紹介や約束事の確認などをして、

さぁ、遊ぼう。

竹滑り台もちろん、最初はいつもの鬼ごっこ。

もちろん、鬼はいつもの私とリョウくん。

もちろん、すぐに息があがり、汗が吹き出る。

新メンバーも一緒に。

中には人見知りの子もいて、様子を見ていたけれど、

一緒にまじって、鬼ごっこする子も。

網上りネットでも遊びます。

邪魔をする子どもたちを押しのけて、上の竹に触るという遊び。

竹をつかむと、片手を突き上げ「ウォおおおお!」と勝利の雄叫びをあげないといけないらしい。

ネットの裏側へこのネットの裏側?に行くの、

子どもたち、すんなりしているように見えますが、

実際やってみると、まぁ難しい。

何より、腕力が追いつかない。

小学生の身体能力、恐るべし。

ババヤスデババヤスデを愛でる彼。

害がないと聞くと、躊躇せず愛でてました。

彼は本当に生き物が大好き。

愛おしそうにババさんをなでていました。

東屋でご飯お昼前にやまぼうしの家へ移動。

着いて、それぞれ、自分たちのタイミングでお弁当。

いつものように東屋の梁へ登る子どもたち。

驚いたことに新メンバーの子も当たり前のように梁の上でランチ。

東屋があれば登りたくなるのが、子どものサガなのか。

「食べにくいわ〜」

と言いながら、嬉しそう。

カエルとり見学の彼女もだんだんと慣れてきて。

生き物が好きなようで、家に来たら、カエルとりに夢中。

好きなことを好きな時にできるのが、にち森のいいところです。

水遊びまさかのプールがしたいとな。

要望するなら出しましょう。

曇っていて、少し寒そうだけど、出しましょう。

このあと、もちろん鍋やフライパンに水ためての掛け合いが勃発。

濡れてみると、案外寒くなくて、気持ちいい。

にち森で水遊びできて良かったです。

みんなでカエルとり三人でカエル捕り。

このあたりからすっかり打ち解けた見学の子。

一度打ち解けたら、とっても楽しそう。

笑顔で水かけあって、カエル探して。

頭にカエル集めたカエルは、こっそりリョウくんの背中の中へ。

しかし、背中にカエルが入っていることに気づかないリョウくん。

私も試してみましたが、たしかに気づかない。

嘘だと思われる方は、一度お試しあれ。

泥遊びこちらでは泥団子つくり。

「学校で泥遊びしてたら、引かれるねん」だそうです。

私なんて卒業までずっと泥遊びしてましたが。

泥遊び楽しいのになぁ。

もっと小学生もしたらいいのにな。

なんか、やりにくい空気なんやろな。

ここでは思う存分、泥とたわむれてください。

焚き火マシュマロ焼くために、久しぶりに焚き火。

にち森にはプロ級の腕前の子がいます。

あっという間につけてくれました。

マシュマロ焼いて、みんなで食べて。

洗濯着替えて、泥だらけの服を自分で洗って。

きちんと自分でしていることをブログでアピールしといてとのことなので、

アピールしときます。

カエル捕り今日も思う存分遊びまくった一日。

久しぶりのにち森で思ったのは、「やっぱり小学生って面白いなぁ」

「にち森にいる時はずっと大笑いできる」

なんて素敵な言葉も子どもからいただきました。

子どもたちの話を聞いていると、

子どもたちも、にち森という場が必要なんだなと強く感じます。

たぶん、何にも縛られずに、自分たちのしたいことを、したい時に、思う存分できるという場。

今、そういう場はあまりないのでしょう。

そういう場であれば、他の子と違う事をしていようが、一人で遊んでいようが、気にならないはずです。

だって各自がそれぞれ好きなことをしているんだから。

そして、そういう場から子どもたちを見れば、どんな子も欠点なんてなくて、どんな子もユニークで面白い、素敵な子です。

ちょっと真面目でクサイことを書いてしまいましたが、私は本当にそう思います。

これからのにち森。

これまで通り、全力で遊んでいこうと思います。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【小学生】にちようの森

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5