【ようちえん】やまぼうしのまいにち

現場監督がやってきた【2020.9.14】

スポンサーサイト

本日は親水公園へ行ってきました。

背中にトンボ年長彼女の背中にトンボが。

発見した年長彼が捕ろうとすると、

今度は彼の胸にやってきました。

胸にトンボそして、そのトンボは、そのまま年少彼女の胸に。

「一緒に遊びたかったんかなぁ」

「友達なんかなぁ」

トンボのサプライズ訪問に喜ぶ子どもたちです。

ヘルメット準やま彼はヘルメットをかぶっての登場。

お父ちゃんのヘルメットを家で発見したらしく、

どうしてもこれを被っていきたいと。

そして、意気揚々とヘルメットを被っての登場。

これがまた準やま彼に似合う。

現場監督、ご苦労様です。

川にイカダ昨日の夜、風呂からあがると、ジュンさんと年長彼女がせっせと何かを作っている。

できたのが、このイカダ。

今日に間に合わすために急いで作っていました。

川が浅いので、せき止めて深くして、いざ進水式。

年長彼女が乗ると、底についちゃう。

でも年少彼女なら、わずかに浮いている。

まぁ、ぎり合格点というところでしょうか。

のんびり三人こちらの仲良し三人組は、まったりと早めのランチタイム。

ひとりでご飯こちらのイレギュラー年少彼も早めのお昼ごはん。

彼はこの場所で食べたいそう。

お弁当運んで、水筒運んで、移動するの大変なのに、

それでもここで食べたいんです。

お弁当の中お弁当の中になぞの包み紙。

紙ナプキンがしっかりと折りたたまれていて、セロテープで止まっている。

私「これ、○○くんが持ってきたん?」

年少彼「ううん、お母さん」

自分で作った感じだけど・・・

こんにゃくゼリー開けてくれというので、開けてみると、

中からこんにゃくゼリーが二個。

おやつが入っていたのね。

年少彼、まずはこんにゃくゼリーを食べてから、

お弁当に取り掛かっておりました。

滑り台今日は準やま(仮)彼もお預かり。

お話お弁当食べてる年少彼の元へ。

何かともめることの多いこの二人。

でもこの二人、とっても気が合うんじゃないかなという予感。

ジュンさんも同じことを感じていました。

空気が合うというか、気が合うというか、

同じ時を過ごす時間が長くなれば、いい仲間になるんじゃないかな。

でも、今はまだその前の段階。

いっぱい喧嘩して、体で語り合ってください。

年長彼にちょっかい食事を終えた年少彼。

食事中の年長彼に背後から「ばぁ!」

何度も何度も「ばぁ!」

仲良し三人組仲良し三人組は、あいも変わらず三人で、遊んでいます。

本当に仲が良い。

お昼ごはん私「御飯食べる?」

準やま(仮)彼「ううん、食べない」

というので、私がひとり食べていると、横に来た準やま(仮)彼。

私「一緒に御飯食べる?」

準やま(仮)彼「うん、食べる!」

誰かと一緒に食べたかったのかな。

並んで座って食べ始めると、

勢い良く食べる準やま(仮)彼。

お腹空いていたみたい。

誰かと食べたい子もいれば、

一人で食べたい子もいます。

世間話他の子たちが川で遊んでいる間、

ふと見ると、川べりに座り込む年少彼とリョウコさん。

何やら世間話をしている様子。

まぁまぁ長い間、こうして並んで座って世間話。

こうした、まったりとした時間も子どもたちには必要です。

口に枝豆食事も終えて、川へ行く準やま(仮)彼。

そこにはご飯を食べるジュンさんが。

近づき、なぜか「枝豆食べて」

ジュンさん「まだ口の中に入っているし、なくなったらね」

しかしなぜか待てない準やま(仮)彼。

無理やり口に押し込もうとしておりました。

なぞの行動に爆笑です。

ひなたぼっこ川遊びできるけど、ずっとしていたら寒くなるぐらいの気温。

年少彼女も体が冷えてしまいました。

しかし、着替えはあと帰る時用のしかない。

太陽の熱で熱くなった鉄板の上に寝転がって日向ぼっこします。

幸い、太陽も強く照っている。

体を温めて、また遊びに行きます。

並んだ子どもたっぷりと遊んで最後は絵本タイム。

本日は8人の子どもが集まりました。

わちゃわちゃとして、騒がしくて、

いろんなところで喧嘩が起こって、

あっちこっちで、いろんな遊びがはじまって。

楽しい一日でした。

今日の絵本

作:チゾン+テイラー 訳:やました はるお『バーバパパのジュースづくり』

作:穂高 順也 絵:山口マオ『よるのさかなやさん』

西平あかね『ぶんかいきょうだい』

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5