【ようちえん】やまぼうしのまいにち

初めての出会い【2020.9.15】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

子どもの後ろ姿前回は行き先決めるのに30分かかりましたが、

本日はものの数秒で決定。

ひとつは、見学の親子がいたので、展望台はナシにしてもらったから。

もうひとつは、たぶん前回たくさん話し合って、年長彼は自分の意見を聞いてもらえたから、

今回は譲ろうという気持ちがあったんじゃないかなと勝手に予想。

他の子も、長い話し合いにはうんざりだし、スムーズに決まるのを最優先したのかも。

リュックをおろして歩く何はともあれ、バンガローの下にリュックを置いて、探検へ出発。

見学の子もすぐに慣れてくれて、お母ちゃんから離れて歩きます。

リス「なんかおる!」

見ると、小動物が木の上をサササッと走る。

「リスや!」

そう、リスです。

くつわ池自然公園ではもちろん、

やまぼうしの活動をしていて初めての出会い。

木の上をせわしなく走り回るんですが、

どこか遠くへ逃げてしまうわけじゃない。

同じ木をうろちょろ。

でも私たちが近づくと、違う木へ逃げてしまう。

でもまたその木でうろちょろ。

しかし、最終的には山の奥へと逃げていってしまいました。

なんだか幸先のいい出来事です。

子どもたちを俯瞰でとった図魔女の家でお茶休憩。

すると準やま彼が、リュックを取りに戻りたいと。

なので、りょうこさんと二人でリュックを取りに行くことに。

他の子たちはのんびりゆっくりと先を行くことに。

虫見つけたり、水たまりに石投げたりしながら、ゆっくり歩いていると、

「あっ、戻ってきた!」

りょうこさんと準やま彼が戻ってきました。

「ちょっと迎えに行ってくる!」

と年長コンビと年少彼女。

せっかく登った道をダッシュで駆け下りていきます。

手をつなぐリュックを背負ってご満悦な準やま彼。

ちゃっかり見学のお母ちゃんの手も握っちゃって。

このポジションは年少彼かな、と思っていたら、意外にも準やま彼が。

年少彼は、今日もマイペースに遊びながら登っていましたよ。

工作を始めるようやくみどりの広場に到着。

道中集めた枝や木の皮などで工作を始める年長コンビと年少彼女。

年少彼と見学の子は東屋で休憩。

お弁当準やま彼だけはリュックを持ってきていたので、お弁当。

それを見て、年少彼も「お腹減った〜」

どうしようかなぁと思っていたら、

年長彼「みんなでここでご飯食べたいから、僕がみんなのリュックを取りに行く」

どうも、年長コンビと年少彼女の間でもお弁当が話題になったらしく、

年長彼が大役を引き受けたようです。

少年の背中というわけで、私と年長彼がリュックを取りに行くことに。

ゆっくり歩いてきたからここまで30分強。戻って帰ってくるので15分くらいかな。

それまでも戻って迎えに行ったりしているから、けっこうハードです。

みんなのリュックを背負う戻るのはあっという間。

リュックを背負って、さぁ、ここからが大変です。

前後に背負って、両手に持って。

私「無理すんなよ、手伝うで」

年長彼「ううん、いい」

彼は自分で持っていきたいのです。

「もうパワーゼロや。いちや。ゼロや。いちや」

なんて言いながら、一生懸命に登る。

みんなでお弁当そしてようやく到着。

「おお、早かったねぇ」「ありがとう」

案外、子どもたちのリアクションが薄いようにかんじたけれど、

年長彼にすれば、そんなことは問題じゃない。

こうして自分で持ってきたことが嬉しいのです。

こうして並んでお弁当が食べられるのが嬉しいんです。

木にひもつけて散歩

準やま彼、紐を持っています。

その紐はなぜか丸太に取り付けられています。

まるでペットのように丸太をひきずって歩く準やま彼。

ショウリョウバッタ見学の子は虫が大好き。

こんな大きなショウリョウバッタも捕まえられます。

食後はみんなで、親子組のつぼみちゃんのところへお邪魔しに。

わーっとすべり台で遊んで、わーっと戻ってきました。

帰り道さぁ、バンガローまで戻りましょう。

さすがの体力の年長コンビと年少彼女。

リョウコさんと先に行きます。

年少彼と準やま彼はもうお疲れモード。

リュックは私が持って、ゆっくりと歩きます。

見学の子もお疲れ様。お母ちゃんと手を繋いだり、抱っこしてもらいながらがんばります。

怪我したら、みんな集まる途中で、見学の子の大泣きの声が。

後ろにいた私と準やま彼と年少彼。

急いで下ります。

と、年長コンビと年少彼女とリョウコさんも、下から戻ってきてました。

「大きな声がしたから、何かなって戻ってきた」そうです。

見学の子。気持ち切り替えて、さぁ歩こうって時に、こけちゃったそうです。

ちょっとハードな道のりすぎたね。ごめんね。

バンガローでごっこ遊びなんとかかんとかでバンガローまで戻ってきました。

帰るまでにはまだ時間があります。

バンガローでおうち遊びがはじまります。

見学の子も復活して一緒に遊びました。

また遊びに来てねぇ。

今日の絵本

有賀 忍『わすれんぼうのぽっけ』

作:井上 荒野 絵:田中 清代『ひみつのカレーライス』

町田 尚子『さくらいろのりゅう』

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5