【ようちえん】やまぼうしのまいにち

つぼみちゃんと一緒に【2020.9.24】

スポンサーサイト

本日は農道散歩からスタートです。

女子同士いつものように年長コンビは前を歩く。

今日は年少彼女と準やま彼女の女子同士で手をつないで。

男同士そして、年少彼と準やま彼の男同士で手をつないで。

彼岸花彼岸花が咲き始めました。

時期が来るといっせいに咲きだす彼岸花。

この花を見ると、秋の訪れを感じます。

青い花秋の花がたくさん咲き出しました。

お花摘みをするのが楽しい季節。

年少彼女は青い花だけを集めます。

青い指この花、潰すと手が青くなります。

年少彼女はこの花で色水遊びがしたいから、たくさん集めていくそうです。

花束年長彼女が集めた花束はこんなに鮮やか。

色とりどりできれいです。

蔦をとるツルを引っこ抜いて、葉っぱをきれいにとります。

電車ごっこツルがあっという間に電車に早変わり。

準やま彼女は準やま彼とケンカしたので遠巻きに。

地面に座るたびたび準やま彼とケンカする準やま彼女。

この時もケンカして、泣いていた。

するとそばに年長彼。

何をするでもなく、一緒に横に座っているだけ。

でも、それが準やま彼女にはうれしい。

しばらく泣いたら泣き止んで、また歩きだす。

年長彼も立ち上がって、何事もなかったかのように歩きだす。

やっぱりかっこいいぜ、年長彼。

絵本タイム

やまぼうしの家に戻ってきたら、つぼみちゃんたちがいました。

そう、本日はつぼみちゃんとの合同保育。

まずはみんなで絵本タイムです。

ブランコ絵本タイム中、こちらのお二人は金具がとれたブランコをなおそうと夢中。

準やま彼と、もうお一人はつぼみ彼。

実は二人は同い年。

つぼみ彼も来年度から年少さんで入園してくれます。

以外と興味が合いそうな二人なのかな。

これからのカラミが楽しみです。

用水路みんなで稲刈りに出発です。

今年から始めたやまぼうしの田んぼ。

田んぼに詳しいOGのお母ちゃんたちに教えてもらい、

ご近所の方からもたくさん教えてもらい、

みんなでちからを合わせて耕し植えた田んぼ。

無事に実りの季節を迎えることができました。

この前の日曜日に半分を刈り取り、

今週の日曜日に残りを狩る予定ですが、

つぼみちゃんたちもプチ体験ということで、やってきました。

しかし、まずは用水路の中が気になる。

バッタそしてバッタが気になる。

しばらくはバッタ取りに夢中です。

稲刈り稲を狩って、しばって、やまぼうしの家へ運んで。

ちびっこたちもがんばります。

自分の背丈ほどある稲穂をかついで運びます。

もっとちびっこちゃんたちは、2,3本の稲を持って。

砂遊び稲刈りが終わって、戻ってきたら、砂遊びが盛り上がっていました。

すぐに草が生える砂場。

この前の稲刈りの日にあるお父ちゃんが掘り起こしてくれたんです。

そのおかげで、砂遊びが盛り上がりました。

ありがとうございます。

お昼ごはん年長同士のこのお二人。

ひとりは普段保育所に通っているけれど、今日は弟ちゃんと一緒に遊びに来てくれました。

あまり関わることのないこの二人。

でも気になる存在なのか、どちらともなくこのベンチでお昼ごはん。

絶妙な距離感で座る。

食事中も特にしゃべるわけでもない。

年長同士で気にもなるけれど、気安くしゃべれないという男のプライドもあるのかな。

ノリだらけ室内で遊ぶ子たちも。

おままごとしたり、ブロックしたり、それぞれがそれぞれのしたいことを。

やまぼっこたちとつぼみちゃんたちも混じり合って、一緒に遊んで。

やっぱり合同の保育もいいなぁと改めて思いました。

ぱっとみると、机の上には塗りたくられたノリが。

準やま彼の作品に違いありません。

大量の彼岸花さて、お次はつぼみちゃんのお誕生日会。

つぼみ女子ちゃんが1歳になりました。

みんなで恒例の植物のケーキづくり。

この時期はもちろん彼岸花。

家の庭にもたくさん咲いていました。

彼岸花のケーキほら、こんなに豪華絢爛なケーキが。

みんなで歌って、インタビュータイムはお母ちゃんに代わりに答えてもらって。

ろうそくに火をつけて、火を消すのは他の子が代わりにしてあげて。

ほっこりな誕生日会となりました。

農道さあ、やまぼうしさんたちは、つぼみちゃんたちとサヨナラして、神社へと戻ります。

しかし準やま彼が来ません。

最近、このパターンが多いのです。

家にあるおもちゃの乗り物にのって行きたいとのこと。

それを断ると、少し不機嫌な顔。

今度は紐を引っ張ってきて、長く長くのばしながら、こっちに来る。

それも紐を返してもらって、片付けると、さらに不服そうな顔。

それでまた庭から出てこなくなっちゃった。

しびれを切らした年長コンビが見に行くと、おしっこを漏らしているとのこと。

着替えを手伝って、すっきり。

ようやく出発です。

走る

待っていた子たちは猛然とダッシュです。

手を繋いで歩く準やま彼は私と手を繋いで。

はらぺこあおむし途中でまたねの会。

ユウコさんのお楽しみタイムです。

手作りの粘土人形で、はらぺこあおむしのお話。

聞き慣れたお話ですが、こうして人形劇で見せてくれると、とっても新鮮。

子どもたちも釘付けで見ていました。

しかしこのあと、私が絵本を読んでいると、準やま彼がひとり草がボーボーの山を登りだす。

草むらにはマムシがいる危険性があるので、降りてくるように言うが、さらに登る。

姿も見えなくなりそうだったので、私が登って強制的におりてもらい、草むらには入らないこと、大人が見えないところには行かないことを注意する。

やはり、マムシに噛まれた。崖からおちた。迷子になった。など出来る限り起こしたくない事。身を守るための最低限のルールは厳しくとも伝えていかないといけないと思う。

母と一緒にすっかりショボンとなってしまった準やま彼。そこへ迎えにやってきたお母ちゃんが。

私から逃げるように走り去って、お母ちゃんの元へと駆け寄る準やま彼。

お母ちゃんに癒やしを求める準やま彼。

でもこのお母ちゃん、年長彼と年少彼女のお母ちゃんなんですけどね。

自分のお母ちゃんじゃなくても、心許せるお母ちゃんがいる。

癒やしてもらえるお母ちゃんがいる。

それって、すごくステキだと思いません。

しかし、注意してからの準やま彼は、私を親のカタキのような目で見てくる・・・。

来週はそんな目で見ないでおくれ〜。

今日の絵本

高部 晴市『トロトロトローリ』

エリック・カール『はらぺこあおむし』

内山りゅう『たんぼのカエルのだいへんしん』

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5