【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ごはんつくり再開【2022.5.6】

スポンサーサイト

本日は二度目の筍掘りに竹林へ。

筍掘り2回目の筍掘りは、やる子やらない子それぞれで。

一度したからもういい、という子もいたり、別に何も言わないけれど別の遊びをする子もいて。

もちろん筍掘りを楽しむ子もいて。

年長彼女のお兄さんはやまぼうしの卒園児。

筍掘りがしたいと、遊びに来てくれました。

竹林で遊ぶ筍掘りには興味なく、竹林でまったりと迷路で遊ぶ面々。

ゆっくり遊びたいところですが、本日はごはんつくりが待っている。

やまぼうしの家に戻って、御飯作らないと、お昼ごはんにありつけない。

ということで、早めにやまぼうしの家に戻りました。

調理久しぶりに御飯作りを再開。

2,3名づつ順番に具材を切ります。

やまぼうしのごはんつくりは、希望制。

やりたい子だけがやります。

だから切りたくない子の具材は、切りたい子が切ってくれます。

今回は半分ぐらいの子が切ってくれました。

今回も、具だくさんお味噌汁と、採れたてたけのこご飯。

採れたてのたけのこは、アク抜きしなくても食べられるんです。

軽く茹でて、そのまま炊きます。水遊び食後も思い思いに遊ぶ子どもたち。

水遊びが楽しい季節になってきました。

竹をつかって、水を流します。

今までは雨水タンクから流していたけれど、竹を山へ運んで、ホースで水を流す。

遊びに変化をつけてくる。

こうやって、いろんなこと発見して、遊びを広げていくのでしょう。

二人乗り造園屋さんがくれたストライダー。

さっそく子どもたちの人気の的。

こちらの女子二人も、お互いに乗りたくて、取り合いに。

お互いに、取ろうとして、気まずい空気。

一触即発。

年中彼女が泣くか?

喧嘩になるか?

どうなるか、と見ていると、

年長彼女「じゃあ、こうやって二人で乗るっていうのは?」

年中彼女「いいねぇ♪」

で、二人で仲良く二人乗りしている図。

「二人乗りって難しいんだよねぇ」

と転けそうになりながらも、二人で乗っている。

こちらの二人は文字通り、年中彼女が生まれた時からのお付き合い。

年長彼女に離乳食を食べさせてもらっていた年中彼女です。

もう、これは姉妹のようなもの。

これからますます女子二人の存在感が増していくのでしょう。

二人が組んだら、もう誰もかないません。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5