【ようちえん】やまぼうしのまいにち

二手に分かれて【2021.3.1】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

集合場所集合場所に集まって、さぁ、いつもの広場へ出発です。

と、思いきや、お弁当を食べたい子が現れました。

そうかと思えば、早く広場へ行きたい男子たちはウズウズしております。

さて、どうしましょう。

みんなにも聞いて、広場へ行く組と残る組で分かれることに。

広場へ行く組は、私と男子四人組です。

大人は私一人しかいないので、みんなである程度まとまって進みます。

いつもなら先にいきたがる彼や、ゆっくりマイペースで歩く彼も、今回は全員で登らなければならないということを理解しているのでしょうか。

なんとなくですが、先行く彼はスピード遅めで、マイペースな彼はスピード速めな感じがしました。

たまには、こうして動くのも悪くはないでしょう。

おもちゃで遊ぶ広場について、年少彼のリュックから出てきたのはこちらのおもちゃ。

もちろん、他の子たちも興味津々。

すぐに集まって遊びだします。

最初は取り合いのようになったり、わちゃわちゃとした感じでしたが、すぐに落ち着いて遊ぶ男子たち。

こうした魅力的なおもちゃが登場しても場が乱れないのは、なんというか彼らの落ち着き、安定感からくるものだと思います。

年上のマネをする年長彼がすることを何でも真似する準やま彼。

年長彼が行くところに後ろからついていき、年長彼がお弁当を食べ始めれば、準やま彼も食べ始める。

実際には言ってはいませんが、「アニキ〜」の声が聞こえてきそう。

憧れの絶対的エース年長彼。

こうして一緒に過ごせるのもあとわずか。

準やま彼はそんなこと思ってもいないでしょうが、こうして過ごせるうちに、いっぱい年長彼からいろんなことを吸収しようとしているよう。

坂を走って下るただただ坂を走って下るという遊び。

何度も何度も走ってきます。

それまであまり関わりのなかった年少彼と準やま彼が今日は意気投合。

準やま彼が何度も年少彼の名前を呼んで遊びに誘います。

こうして子ども同士の関係が広がって深まっていくのを見ると、子どもの世界の人間関係っていうのは不思議で面白いなぁといつも思います。

大人にはない子ども独特の距離感や関わり方があります。

石を運ぶ私がふと思いつき、ひたすらに石を運んでいると、彼も一緒になって手伝ってくれました。

持てる限りの石を持って運ぶ彼。

真剣な眼差しに思わず写真を取ると、「写真、撮っちゃいや!」と怒られちゃいました。

一生懸命に石を運んでいるのに、写真を撮るなんてけしからん!といった感じでした。

そう言えば、年長彼もちょっと前まで、写真を撮ると怒っていました。

そんなところまで継承しているなんて。

石の広場で雑談石を敷き詰めてつくった場所。

おままごととかで使ってもらえたらいいなぁ。

さっそく男子たち、腰をおろして何やら雑談?

午後のひとときは、暖かい日差しの中、まったりとおしゃべりを楽しんでおられました。

時折出てくる持参のおもちゃ。

年長彼と年少彼で何やら楽しそうに遊んでおりました。

衝突も多い二人だけれど、案外似た者同士なところもあるのかも。

そして、最近になってようやく年長彼が年少彼を認めた感も。

こうなれば二人の仲は深まるばかり、のはずです。

合流案外すぐに下山すると思っていたけれど、のんびりじっくりと遊ぶ男子四人。

下山するか何度か聞いたけれど、「ここで遊ぶ」との返事。

下のチームと連絡とると、下は下で、のんびりまったりと楽しんでいるそう。

なので、お互いに気の済むまで遊ぶことに。

しかし、今日はこの前できなかった準やま彼女の誕生日会をする日。

なので、ある程度で切り上げて、合流することに。

合流すると、居残りチームはお絵かきなどをして遊んでいました。

誕生日会も無事に終わり、それぞれに別れて満喫した一日でした。

スポンサーサイト

寄付用サイトを作りました

奇特な方がいらっしゃりましたら、よろしければ寄っていってくだされば幸いです。寄付用特設サイトはこちら

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5