【ようちえん】やまぼうしのまいにち

グループに分かれて遊ぶということは【2021.7.5】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。みんなで探検いつものように魔女の家へ行って遊びます。

しばらく遊んでいると、これまたおなじみ、「探検に行きたい!」の声が。

言い出しっぺの子がみんなに声をかけると、ほとんどの子が行くとのこと。

というわけで出発です。

帰るチームそして、これもまたおなじみの光景。

戻りたい子と先に行きたい子が出てきます。

こちらの4人は戻りたいチーム。

あっちゃんと一緒に戻っていかれました。先に行きたいチームそして、こちらの男子4人が先に行きたいチーム。

意気揚々と歩いていきます。

かなりの距離を歩いて、いつも親子組つぼみちゃんたちが遊んでいる広場まで行き、そこの山でひと遊びしてから、戻ることに。

疲れている帰り道こちらの年少男子コンビはもうお疲れ。

喉もかわいたし、お腹も減ったし、疲れたし、それでもがんばって歩きます。

ゆっくりとだけど、しっかりと歩きます。

同じ大変さを共有しているからか、最初はそれぞれ歩いていた二人に次第に連帯感のようなものが。

並んで歩いて、道端に落ちているなにかをひろったり、おしゃべりしながら、歩きます。

一方、先行く二人はまだまだ元気。

すぐに走って行ってしまいます。

でも大人は私一人。

先に行き過ぎるたびに、「ちょっと待って!」と声をかけます。

何度も「待って!」と言わなくてはいけないので、「後ろの子が見えなくなったら止まってや。そしたら、待って!って言われんですむしな」と走りコンビに説明。

すると、しばらくしたら、先で待っていてくれるように。

グループに分かれて遊びに行くというのは、大人が一人しかおらず、必然的に全員で行動せざるをえません。

普段は極力、子ども一人ひとりに合わせて対応できるように心がけていますが、こうした場合はいつもよりルールを守ってもらわなくてはいけなくなります。

そして、これもまた経験かな、と思います。

お誕生日会ごっこ座り込んでなにかおしゃべりしていたから、何しているのかなと見に行くと、お誕生日会ごっこをしていました。

このあと、この前に本当のお誕生日会をした年少彼も参加して、4人でお誕生日会ごっこ。

インタビュータイムもちゃんとあって、かわりばんこに主役が変わりながら、インタビューして、答えておりました。

木を切るのを見る子どもたちの視線の先には管理人のおっちゃんたちがいます。

少し離れたところで、おっちゃんたちがチェーンソーで木をきっているんです。

ウィィィン!という大きな音とともに、あっという間に倒れる木。

まぁまぁの大きさの木がドサンッ!と倒れる姿は、子どもだけじゃなくて、大人も興奮物。

「倒れたな〜!」

「すぐに倒れたなぁ!」

と大興奮な子どもたち。

午前中は、魔女の家のトイレを掃除してくれていたおっちゃんたち。

子どもたち「何してはるの?」

私「いつもおっちゃんたちがトイレ掃除したり、草刈ったり、きれいにしてくれてるんやで」

「へ〜、そうやったんや、知らんかったわぁ」とは言いませんでしたが、そんな感じの表情の子どもたち。

そのあと、トイレ行ったら「おっちゃんが掃除してくれたから、床濡れてるんやなぁ」と。

こうして、働いている大人を身近に見れて、それがしかも自分たちの遊び場を整備してくれている人たちだなんて、とってもいい社会見学じゃないかと思うんです。

もうおっちゃんたちはヒーローで軽トラで立ち去るおっちゃんたちに手を降って盛大に見送る子どもたちです。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5