【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ながーーーいおつきあい【2021.11.1】

スポンサーサイト

本日は、くつわ池自然公園へ行ってきました。

バンガローで遊ぶ今日は見学の親子さんが一組、遊びに来てくれました。

初対面とは思えないほどの馴染みっぷりを見せてくれる見学に来た彼。

魔女の家までの道のりも、ご両親から離れて、やまぼっこと手を繋いで、一緒に歩き、魔女の家に着いてからも、みんなに混じって、普通に遊んでいる。

やまぼっこたちも、まるで昔からの仲間みたいに、すんなりと受け入れて、一緒に遊んでいる。

見学彼の人徳がなせる技か、やまぼっこたちのふところの深さか。

たぶん、両方なのでしょう。

冬イチゴを摘みに

たっぷり魔女の家で遊んだあとは、冬イチゴを摘みにでかけます。

冬イチゴ、見つかるのだけれど、まだ小さいのが多い。

もう少し待ちたい。

途中で、いつもどちらに行くかで話し合う二股の道へ。

今日は大人の数も多いので、二手に分かれることに。

私は女子二人と左の道へ。

この前の散策で、こちらの道にも冬イチゴスポットを発見。

右の道を進んでいく男子ーズを横目に、ここぞとばかりに冬いちごを食べる女子と私なのでした。

冬イチゴぷっくりと実った食べ頃の冬イチゴ。

食べたことのないお母ちゃんもいるだろうし、どこかで一緒に採取して食べれたらいいなぁ。

柿を食べる「つぼみちゃんのところ、行こ!」

と男子ーズと合流してからの子どもたち。

お目当てはもちろん柿。

かなり長い道のりなんですが、柿のためならエンヤコラ。

柿をむさぼり食う子どもたちです。

キャンプしている人たちはどう思っているんだろう。

突如現れた子ども集団。

遠足かな?と思っていたら、柿の木にむらがり、むしりとってもらった柿を皮もむかずに丸かじり。

食べ終わると、また来た道を去っていく。

一回、聞いてみたい。

お誕生日会本日は年中彼女のお誕生日会。

恒例の手作り自然物ケーキは、みんなで探して集めてきた草花などで飾り付けます。

今回は、なんとヘビの抜け殻も添えて。

縁起物ということで、ご利益あるかな。

恒例のお母ちゃんからの彼女が生まれてからのお話。

彼女とは歩きだした時ぐらいからのお付き合い。

写真の中で彼女が来ていたつなぎ服を、うちの次女が着て、三女が着て。

たぶん、これからも誰かが着ていくんだろうなぁ。

写真を見ていると、こんなこともあったなぁ、あんなこともあったなぁと懐かしい気持ちに。

あのころに比べると、心も体も大きくなりました。

いやぁ、本当に大きくなったなぁ。

なんかもう親戚のおじさんのような気分です。

なにはともあれ、お誕生日おめでとう!

これからのあなたも、楽しみにしています。

いっぱい遊ぼう!

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5