【ようちえん】やまぼうしのまいにち

秋深き親水公園きれいかな【2022.11.24】

スポンサーサイト

本日は親水公園へ行ってきました。

お昼ごはん

紅葉もクライマックスの感がある親水公園。

とっても紅葉がきれいで、ついつい写真撮りまくってしまった。

早弁チームの食事風景も、なんかいい感じ。

落ち葉の投げあい逆光の写真もまた良い。

落ち葉が良い。

落ち葉を投げ合うのもこの時期ならでは、前日の雨でなかなかのびしょぬれ具合の落ち葉ですが、子どもたちはそんなこと気にせず投げまくります。

穴だらけの網弘法筆を選ばずと言いますが、こちらの虫プロも網を選ばず。

穴だらけの網なのに、エビを捕まえまくる。

本人いわく30匹は捕まえたらしい。

アーティストこちらの男子二人は、アーティスト魂が燃えたみたい。

最初は紙に描いていたのが、気がつけば自分の顔にお絵かき。

落書きしたお互いの顔を見て、嬉しそうに笑い合う二人。

どこかの部族の戦士の入れ墨顔みたいになっていた。

山の上でまったり山の上に落ち葉を集めて落ち葉山つくって、シート敷いてまったり。

ここでお弁当食べて、本読んで、のんびりして。

ちょっと場所を変えるだけで特別感が出ます。

たたかいごっこけんか、ではなく恒例のたたかいごっこ。

子どもたちだけでも、中々激しいたたかいごっこをするようになってきました。

このあと、一対一の二組に分かれてのバトル。

途中で、相手を入れ替えてのバトル。

激しいのに、ケンカにならず、上手にたたかっているのには、感心します。

芸術の秋一方、こちらは芸術の秋。

静かにモクモクとお絵描き。

黄色帽子の彼がお絵かきするの見るのはじめてかも。

かわいらしいスタッフの似顔絵を描いてくれました。

準やま彼女もバイキンマンを上手に描いていた。

年長彼女は、葉っぱを紙の下に敷いて、こすりだしの技術を応用してドレスを描いたり、

三色帽子の彼は、描きながらストーリが進んでいき、どんどん描き込んでいく。

みんなそれぞれの絵で、見ていて面白いもんです。

鬼ごっここの場所で写真が撮りたくて、ここで張り込む私。

鬼ごっこしている子たちが走りさっていくのを激写。

崖登り崖登りも流行っています。

日に日にクライマーが増えていく。

そして、みんな上手に登っていく。

筋トレする登れなかった黄色帽子の彼のためにトレーニングを開始する男子たち。

三色帽子彼がトレーナーとなって、筋トレします。

腕立てしたり、スクワットしたり、ジャンプで岩を飛び越えたり。

なんかチームって感じです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5