【ようちえん】やまぼうしのまいにち

氷鬼?【2022.11.22】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。子どもたちで焚き火をする魔女の家で、さっそく「焚き火がしたい」と子どもたち。

「自分たちでやってみ。いるもんあったら教えて」と言ってみると、「分かった」と言って枝を拾い出すこちらの二人。

細い枝や木の皮を最初に燃やすのは分かっているみたいで、集めた小枝などを敷き詰める。

その上に丸めた新聞紙を置いて火をつける。

当然、これでは新聞紙が燃えるだけで、枝には燃え移りません。

やっぱり、まだ子どもたちだけでは難しいみたい。

でも、こうしたことを繰り返していくと、次第にうまくなっていくのでしょう。

途中から私がやりだすと、やっぱり子どもたちが入る余地なく、焚き火に集中してしまう。

子どもたちに一度まかせて、無理なら他のスタッフさんがんばってもらって、それでも無理なら手伝う方式でいこうかな。

おかずを焼く火がつくと、お弁当を持って集まってくる面々が。

日課のように、お弁当あけて、枝におかず刺して焼いて食べる。

焚き火が日常。

火でおかず焼くのが日常。

良い日常だなぁ。

鬼ごっこ

年長彼女も参加して、六人で鬼ごっこを楽しむ。

最近、氷鬼をするんだけど、誰も正確にはルールを分かっていなくて、タッチされるととりあえず固まるんだけど、その先が不明みたい。

固まって、誰かにタッチされると、氷が解除されて、その人が鬼になったり。

でも最初の鬼も鬼のままで。

なんかワチャワチャして終わるのが定番。

それでも、みんな楽しそう。

子ども同士で盛り上がって遊んでいる姿を見るのが、やっぱり好きです。

まったりタイム

まったり絵本読む彼と、じっくりお絵描きしている彼。

最近、よく見るコンビ。

でも自分の世界に集中しすぎて、この状態の時に、二人が絡むことはほとんどない。

どこか似たところのある二人なんです。

お尻がどろどろ今日もコンビなこちらのお二人。

基本、トミカで遊んでいるだけなのに、なぜか気がつけばズボンはドロドロ。

土でドロドロになったお尻を二人並べて、崖をのぼる。

足元は靴下。

靴下もドロドロ。

楽しげです。

母は洗濯たいへんです。

いつも、ありがとうございます。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5