【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ふきまんぶく【2021.2.17】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家に集合です。

外遊びこちらのイエロー準やまコンビは、もちろん庭で遊びます。

細身の彼が持ってきたミニカーで二人で遊ぶのが楽しいみたい。

二人ともほんの少し前までは誰かと一緒に遊ぶというのが想像できなかったけれど、今ではその二人が一緒に遊んでいるのですから、子どもというものはあなどれません。

こちらのイエローコンビ、外へ出る前はやまぼうしの双璧と名高い年長コンビの片割れ、年長彼に戦いを挑んでいました。

向かっていっては、バッタバッタと投げ倒されます。

向かっていかなくても、やってきて倒されます。

細身の彼はお手上げ状態。

しかし、がっしり系の彼は何度も何度も立ち向かっていきます。

倒されても倒されても向かっていって、しかも笑顔で楽しんでいるようです。

勝手な妄想ですが、卒園まであとわずか。

世代交代のための儀式のように見えてきます。

100%私の妄想でしょうが。

下の世代もたくましく育っていっています。

雛人形飾り家の中では、お雛様の飾り付けが行われておりました。

毎年、出すけど、毎年、「ああだこうだ」と言いながらの飾り付け。

子どもたちも、箱から出すのをお手伝い。

みんなでするからいいんです。

ふきのとう探し飾り付けが終わると、みんなでお庭に出て、あるものを探します。

ふきのとうそう、ふきのとうです。

すでに、たくさんのふきのとうが頭をのぞかせておりました。

これが出てきたら、もう春という感じ。

味噌で炒めるふき味噌は絶品中の絶品。

帰りには田島征三さんの絵本『ふきまんぶく』を読んで。

絵本と実生活がこれほど密着するのも、森のようちえんならではかな。

薪割り私が薪割りしていたら、年長彼が「やりたい〜」とな。

ならば、やってもらいましょう。

しかし斧は重くて振り上げられない。

それでも力を振り絞って、持ち上げて、木に振り下ろす。

ちからが足りないから、割れないけれど、端っこにあたって、皮がめくれると嬉しそう。

「最初の火付けには使えるかな?」

「そうやな」

と皮を受け取って、薪置場に置く。

彼、持ち前の根気強さで、何度も斧を木に振り下ろす。

割れないけれど、長い間、挑戦し続ける。

薪割りは薪を割るのが目的だけれど、子どもがする場合は薪を割るのを目的にしなくていい。

目的はなくて、ただやりたいという気持ちを満たせればいい。

だから、手助けはしないけど、口出しもしない。

薪割りのマネ年長彼を見ていて、「僕もやりたい」と準やま彼。

一度、斧を借りたけれど、重すぎて持てない。

持ってきたのは、こちらのスコップ。

これなら彼にもちょうどいい。

丸太をスコップで叩いて、薪割りのマネごと。

学ぶは真似るからとはよく言ったもの。

数年後には、彼も斧で薪割りしているのかな。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5