総括

2020年度の総括

スポンサーサイト

2020年度を振り返って思うことを少々。

やはり、毎年思うのは大きな怪我もなく無事に一年を終えたことです。

保育に関しては、子どもたちと日々を過ごす中で、一人ひとりの変化や、子ども同士の関わりの変化が8人になったことでよりダイナミックになって面白いなと思いました。

気がつけばリーダーの風格を持ち出す子もいれば、それまでは無邪気に遊び回っていた子が、周りの目を気にするようになったり。

前の日まではあんまり関わりが薄かった子同士が、次の日には意気投合してぎゅっと距離が縮まっていたり。

子どもたちの変化に驚きをもらう毎日でした。

また、それぞれが個性的なやまぼっこたちが8人もいると、個性と個性がぶつかって、いたるところでオモシロ場面が生まれます。

変化の驚きと共に、これまで以上に笑いあふれる日常でした。

 

また年長コンビ卒園という大きな節目の年でもありました。

やはり、やまぼうしでの二人の存在感は大きく、今年度も二人を中心にまとまっていたやまぼうしでした。

しかし、年度末が近づくにつれて、喧嘩の仲裁の仕方や、遊び方など年長コンビのマネをする年下の子がでてきて、なんだかしっかりと世代交代の準備ができているようにも思えました。

やまぼうしイズムというものがあれば、それは日々の生活の中で、年長コンビからしっかりと年下の彼ら彼女らに受け継がれているはずです。

きっと来年度のやまぼうしでは、年長コンビが抜けた穴を埋めるように、それぞれの子が変わってくるのだろうと思います。

いや、年長コンビの代わりなんて誰もいませんね。

新年少・中の彼ら彼女らもそんな玉ではありませんでした。

来年度のやまぼうしは、新生やまぼうしとして、新しい個性的な集団を作り上げていくことでしょう。

 

保育面ではなく経営面での話。

保育料値上げを通して、保護者の方々からたくさんの意見をいただきました。

本当に経営面ではズブの素人で、よくここまでこれでやってこれたなと自分でも思います。

厳しい意見もいただき、ようやく今まで逃げてきた経営について本気で勉強しようという気になりました。

保護者の方々には私たちの嫌な部分も見せてしまっただろうと思います。

本当に申し訳なかったと思っています。

しかし、そのおかげで、お金のこと、経営のことなどを学ぶ機会を得られたことは感謝しております。

これからはそちらもしっかりと勉強して、安心して通ってもらえるやまぼうしにしていきたいと思っていますので、これからもよろしくおねがいします。

 

と、まぁそんな感じの今年度でした。

春休みを終えると新年度。

きっと笑いに満ちた刺激的な日々となることでしょう。

その日までみなさま、ごきげんよう。

 

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-総括

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5