【ようちえん】やまぼうしのまいにち

やまぼうし流ケンカの作法【2022.7.11】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家。

プール遊び

なかなかうまくいかないプール作り。

今回は小サイズをふたつ作ってみました。

これは中々いい感じ。

後ろの男子たちは早弁タイム。

兄への信頼

水着に着替えてプールを満喫する彼。

うちの三女と彼が一緒に遊ぶ姿をちょくちょく見ます。

今日で、三女の彼に対する信頼感の強さを知りました。

こうして二人で遊ぶのが楽しそう。

彼女が彼のすることに興味津々で、尊敬のまなざし的な感じ。

彼を追って行く決定的なのは、こちら。

最初は私と三女と年中彼で、東屋の下でお昼ごはん食べていたのですが、彼は途中で勝手口前で食べていた男子ーズのところへ移動。

(写真では男子ーズはすでに食べ終わってじゃれあっていますが)

すると三女はしばらくすると、自分のお弁当をまとめて、持って、年中彼を追いかけていきました。

同じシートにお弁当広げて並んでランチタイム。

彼のこと好きなんだなぁ、としみじみと思いました。

来年、年少で入るので兄さん、よろしくおねがいします。

安定の女子安定の貫禄の女子二人。

縁側で水着に着替えてきて、プールを満喫し、勝手に縁側行って着替えてきて、お昼ごはん食べて、また着替えて、プールして。

この子たちなら、二人だけで一日ぐらい生活できるんじゃないかなと思う。

けんか久しぶりに大きなケンカ。

青帽子の年長彼は、三輪車にのって、勝手口のほうへ行きたい。

黄色帽子の年長彼は、行かせたくない。

だいたいいつもなら、そこからもめても、なにやらごまかしてケンカにならないんだけれども、今回は珍しくお互い譲らすケンカに発展。

つかみ合ったり、蹴ったり、押したり。

回りにいた年中彼は「押したらあかんなぁ」と怪我しないよう近くで見守っていた私を見てくる。

私「押してもいいんちゃう?」

年中彼「蹴ったらアカンやろ?」

私「まぁ、蹴りたい時もあるんちゃう」

きっと年中彼の頭の中はハテナだらけだったことでしょう。

年長同士のケンカは、黄色帽子の彼が押し倒されて泣いたことで終了。

青色帽子彼も若干気まずそうな顔。

私は倒れた彼の怪我がないことだけ確認して、すっと距離をとる。

しばらく誰もが無言で静かな時間が流れたあとに、写真のように肩組みあう男子たち。

そのあと、普通に遊びだす男子たち。

遊ぶ男子たち年中男子たちは、たぶん初めて見るであろう激しいケンカに、混乱したのか、そのあと青帽子年長彼につきまとって、取っ組み合おうとする。

しかもそれが複数人で向かう。

けんかしてもいいし、戦いごっこしてもいいけれど、一対一でしてほしい。二人とかで戦いに行くのは見ていて嫌な気持ちになる、と伝える。

おわりの会で改めて同じ話をする。

やはりまだ頭の整理が追いついていないようで、「えっ、どういうこと?」「ケンカはしていいの?」「一人はけんか見とかなあかんの?」など質問攻め。

説明するもなかなか理解しにくいみたい。

たぶん何度もそうした機会を重ねて、少しずつ体で覚えていくのでしょう。

久しぶりの本格的なケンカ。

きっと子どもたちにとっても、刺激的な一日だったことでしょう。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5