【ようちえん】やまぼうしのまいにち

巨大鳥の巣【2020.11.20】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家へ集合です。

藁の上へジャンプ年少彼はブランコからのワラへのダイブを楽しみます。

これ、昨日年長コンビがしていて、なかなかやらせてもらえなかった遊び。

次の日や数日後に同じ遊びをしている姿をよく見かけます。

このあとは、これもみんなでした色鬼を私と二人で。

昨日は「おにさん、おにさん、なぁに色?」

今日は「たける父ちゃん、たける父ちゃん、なぁに色?」

このセリフにはこだわりがあるようで、「おにさ、たける父ちゃん」と何度も言い直しておられました。

あやとり今日はボランティアであっちゃんも来てくれました。

年長彼が持ってきたあやとりの本。

年長コンビとあっちゃんで挑戦します。

本を読む本を読みながら大声で歌う年少彼。

見に行くと、てっきり歌の本と思っていたら、読んでいたのはなんと折り紙の本。

予想を覆してきます。

クリスマスツリー飾り付けみんなでクリスマスツリーの飾り付け。

市販の飾りの中から、数年前に子どもたちがつくった飾りも出てくる。

絵を描いた紙をダンボールに貼っただけのシンプルなもの。

その素朴感がよいです。

ごはんつくりそして、ごはんつくり。

いつものように切っていきます。

こちらの年少彼は丁寧にさつまいもと舞茸を細かく切っていきます。

集中している時の彼は存在を消しているかのごとく。

やりたいことへの集中力はずば抜けています。

もうひとりの年少彼は、最近は包丁を使いたくないモード。

なのでちぎれるきのこ。

年少彼女は準やま彼女がウインナー切っているのを見守ってから、自分の食材を切り出す。

子どもそれぞれのごはんつくり模様。

ワラへジャンプ2ご飯ができるまでもワラへジャンプ。

今日はつぼみボラの親子も来てくれました。

ごっこ遊びこちらのお三方は家の中でごっこ遊び。

この前、近所のお姉さんがくれたヌイグルミが活躍します。

わざわざ持ってきてくれてありがとうございました。

ワラの巣年長彼が作成した鳥の巣型の家。

上から見ると、本当に鳥の巣みたい。

巨大鳥の巣ではなくて、普通の大きさの鳥と彼が一緒に入れるようにとこの大きさらしいです。

ちびっこたちも遊ぶ年長彼がいると、思うどおりに遊べないちびっこたち。

鬼のいぬ間に、いえいえ、年長彼のいぬ間に、わらの巣へ入り、ワラジャンプを満喫します。

カプラで遊ぶと思いきや、突然室内でまったり遊びだす。

カプラもどきで、迷路をつくったり、エレベーターつくったり、家つくったり。

絵本の読み聞かせつぼみボラのお母ちゃんに絵本を読んでもらいます。

1冊2冊じゃないんです。

たぶん10冊以上。

本当によく読んでくれました。

これだけ読んでもらえたら、さすがに満足していた子どもたちです。

三輪車でぶつかり合い年少コンビ、三輪車でぶつかり合いの図。

緑の年少彼は三輪車をすべて車庫に並べたい。

でも白い年少彼は乗りたい。

「乗ったらあかん!」

「いやや!」

言い合って、それでも降りない白年少彼に緑年少彼は体当たり。

それでも負けない白年少彼。

しばらく同じことの繰り返し。

そしてフワッと解散。

見ていたあっちゃんが、「この二人は激しいケンカにならないんですね」

言われてみれば確かにそう。

なんとなく激しいケンカになる前にお互いに回避している感じ。

緑年少彼は他の子にはもっと遠慮がないけれど、白年少彼とは衝突を避けているようにも見える。

激しいケンカをした記憶もないし、どちらかのパワーバランスが強いというのでもない。

なんとも不思議な関係の年少コンビです。

長靴を洗う庭で遊んでいたのに、突然ここへやってきて、長靴を洗い出すつぼみ彼。

石鹸使って丁寧に洗っておられました。

もちろんズボンもパンツもびっしょびしょ。

洗面台以外に水を巻き出したので、残念ながら強制終了で母の元へ。

紙芝居金曜日はワクワクジュンさん。

おなじみの紙芝居です。

今日は『かぐやひめ』

しかもおそらく竹取物語に近い難しめの内容。

それでも集中して聞いていた子どもたちでした。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5