【ようちえん】やまぼうしのまいにち

母との時間【2020.10.21】

スポンサーサイト

水曜日は半日デイ。

竹林へやってきました。

柿取りこの時期といえば、柿取り。

渋柿をとって干し柿にします。

高枝切り鋏も持ち出して。

準やま彼は、年少彼のお母ちゃんと一緒に柿とり。

こうしてお母ちゃんたちとともに過ごす時間もあるので、よそのお母ちゃんともとっても仲良しになっていきます。

親やスタッフ以外にも甘えられる大人がたくさんいるのっていいなぁっと思います。

干し柿の下準備取った柿は吊るしやすいように枝をT字に残して、切り取ります。

こちらも年少彼と準やま彼のお母ちゃん。

シャッフルしての作業です。

竹の平均台竹林の中へ遊びに行きます。

低くした滑り台は橋となって活躍中。

慎重に渡っていきます。

たくさんのどんぐり探検にも行きました。

積まれた竹の間に大量のどんぐりを発見。

「リスが集めたんちゃう?」

「くつわ池のリスがここまできて運んだんだ」

「まっちゃ遠いやん」

「道路は車がくるからビクッとしながら来たのかな?」

ミドリババヤスデおなじみのババヤスデちゃん。

無害と知ってからは、見つけると手に乗せて愛でる年長彼。

今日も「かわいい〜」。

ババヤスデさん、こしょばいんです。

無数の足で歩くから、しかも超ソフトタッチだからこしょばいんです。

興味のあるかたはぜひお試しを。

絵本タイム女子たちは、年長彼&年少彼女お母ちゃんとまったり絵本タイム。

水曜日は、こうしてじっくりと絵本を読んでもらうことが定番に。

こちらのお母ちゃんも、年長彼女に読まないと落ち着かないと、図書館で借りた本を延長して持ってきてくれました。

野外で絵本。

すてきな時間です。

謎の虫見つけたのは謎の虫。

いままで見たことのない虫です。

まだまだ知らない虫、見たことない虫に出会います。

本当に自然って飽きさせないです。

こちらの虫、なにか分かる方、教えてくださぁい。

再度、竹林へ今日はこの前見学に来てくれ親子が再度見学。

みんなでまた竹林へ行きます。

竹橋渡りこうやって竹橋を登ると、お次は斜面にそっての道を歩きだします。

竹の滑り台があった時はその存在に気づいていなかったようで、今回がはじめての挑戦。

滑り台がなくなっても、他の遊び方を見つけてきます。

何かしらで遊べるのが、やまぼっこの強みです。

網に揺られて子どももお母ちゃんも一緒に揺られて。

子どもだけの集団も大事にしたいですが、こうした我が母や友達のお母ちゃんとの時間も大切にしたい時間です。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5