【ようちえん】やまぼうしのまいにち

逆に【2021.6.14】

スポンサーサイト

本日は久しぶりに竹林へ行ってきました。

竹の落ち葉竹の葉が地面いっぱいに落ちていて、滑るんです。

崖を坂を登ろうとするけれど、滑るんです。

それでも、苦戦しながらも登っていく子どもたちです。

網で遊ぶこのネットで遊ぶのも久しぶり。

やっぱり、すごく落ち着いているメンバーなんです。

言葉で伝えるのが難しいんですけど、一人ひとりが落ち着いていて、集団としてもまとまりがあって。

なんだか自慢みたいに聞こえるかもしれませんが、本当にそうなんです。

これには、私も驚いています。

もちろん私たちスタッフがまとめあげたなんてことはありません。

子どもたちが勝手に自分たちで落ち着いているんです。

強いて言えば、毎日、自由にやりたいことをやりたいだけ遊んで、気持ちも感情もフルに発散している彼ら彼女らだからこその落ち着きなのかもしれません。

ついていく子どもたち落ち葉で滑るのでジュンさんが竹箒でお掃除。

なぜか、それについていく子どもたち。

きれいに掃き掃除が終わると、みんな満足げな顔で戻ってくる。

一緒になって掃除している気持ちになっていたのかもしれません。

おままごと左側の三人は、どうやら何か嫌なことがあったようで、メインの広場から離れたところにやってきました。

「もう、○○は嫌だね」なんて、何かモメたであろう子の愚痴を言いながら。

そんな中、突如はじまったごっこ遊び。

竹に並んで座って(ごっこの)お弁当タイムのようです。

食べるマネをしながらも「○○は入れてあげないよねぇ」なんて言いながら。

そこへやってきた右端の年中彼。

すっとごっこ遊びに混じって、四人でランチタイム。

楽しく遊んでいるうちに、すっかり○○くんのことも忘れて、あとからやってきた○○くんも一緒にごっこ遊びしておりました。

子ども一人とっても、みんなでだったり、気の合う2,3人とだったり、一人でだったり、とその時の気持ちやタイミングなどで遊ぶ相手も違ってきます。

そういうことを毎日のように経験している子どもたち。

やまぼうしでは『みんなで仲良く遊びましょう』とは言いません。

だからこそ逆に、みんなで仲良く遊べるのかもしれません。

もちろん、一人で遊ぶ時も、2,3人で遊ぶ時も、たくさんあります。

遊びに入れてもらえない時や喧嘩をする時もあります。

そうしたことをたくさん経験して、他人という存在、他人との関わり方を学んでいっている子どもたちです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5