【ようちえん】やまぼうしのまいにち

田植えと泥魔神たち【2022.5.25】

スポンサーサイト

本日は親子で田植えの日。

みんなでやまぼうしの田んぼへ行きます。

この田んぼは、やまぼうしの家に前に住んでいた人の田んぼで、それをお借りし、今回はお隣さんが善意でトラクターで耕していただいた、ありがたい田んぼです。

田植えみんなで田植えをしていきます。

大人も子どもも植えていきます。

ズボッと足に泥の感触が気持ちいい。

一列に並んで、縄につけた目印に、植えていき、一列植え終わると声をかけあって、縄を移動させて、また植える。

この共同作業がまた楽しい。

今回はお隣さんも見に来てくれて、レクチャーしてくれました。

何から何までお世話になって、本当にありがたいです。

いつもいつも、本当にありがとうございます。

帰りを待つもちろん田植えしたい子だけじゃない。

最初からやりたくない子。

やる気だったけれど、やってみたら、やっぱりもういいや、となった子。

次第に戻りたい子が増えていき、途中で、戻りたい組はやまぼうしの家へ帰宅。

おたまじゃくしを観察するこちらのお二人は、お隣の田んぼのおたまじゃくしをじっくり観察。

二人並んで、静かに田んぼを眺める姿がかわいい。

泥遊び残った子どもたちと大人で、せっせと田植え。

子どもたちは田植えも飽きてきたらしく、泥遊び。

稲が順調に植わっていく。

縄がせまってくるのをよける子どもたち。

泥遊びしまくる田植えは終わったけれど、まだまだ遊びたりない、こちらの田んぼマスターのお三方。

こちらのお三方は、前回の泥遊び時も、もちろん最終まで残った方々です。

気持ちいいぐらいの泥っぷりです。

田植えと泥遊び年長彼のお母ちゃんが、苗を持ってやってきました。

まだ残っていたのを持ってきてくれたんだと思ったら、枯れてダメになった苗を持ってきたそう。

なぜかと言うと、田植えするのも今年最後だと思い、ぜひ記念に植えたかったけれど、先戻りについていって戻ってきたら、もう終わってたから、枯れたやつでもいいから、植えに来たのだそうです。

それはぜひぜひ、と言うことで、もりもりと植えていくお母ちゃん。

その手前で泥泳ぎするワニと化した年長彼女。

泥魔神の帰還たっぷり遊んでやまぼうしの家に戻ります。

泥魔神たちの帰還です。

今年も無事に田植えが終わりました。

ここからは水管理と雑草とのたたかい。

稲がすくすくと育つのを願って。

みなさん、今日はお疲れさまでした。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5