【ようちえん】やまぼうしのまいにち

子どもと狩猟採集民族【2022.4.15】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家に集合です。

私は午前中、第四子とジュンさんの退院で病院へ。

やまぼうしの家に戻ってくると、たくましく遊ぶやまぼっこたち。

道路工事こちらの男子たちは、土を車に詰め込み、移動して、土で道を作る作業に熱中。

アイヌの子どもたち(おそらく狩猟採集民族や古代の子どもたちも)の主な遊びは、大人のマネごとだったらしい。

まずは槍を投げる遊びから、今度は標的を持って逃げる子を追いかけて、槍を投げる遊びなど。

この子たちの遊びも、大人のマネごと。

土を運んで、きれいに土を敷いて、きれいな道をつくる。

遊びと言えども、彼らは真剣そのものです。

幼虫を集める

こちらでは、穴を掘りまくって、幼虫を集めまくっていました。

こちらも、もしかしたら幼虫などを食べていた部族では、も仕事のひとつのようなもの。

子どもたちの中には、そうしたDNAの名残りがあるのかもしれない。

草を食べる

こちらの彼は、四葉の葉っぱを食べて、「まずっ」と。

よもぎはおいしいかも、と教えると、食べてみて、「おいしい」と笑顔。

食べられる植物と食べられない植物を見分けるようになっていくのでしょう。

カニを見つけるなんとやまぼうしのガンジス川に、カニを発見。

しかも、まあまあ大きい。

これからカニもたくさん出てくるでしょう。

サワガニ、あげて食べたら美味しいらしい。

今年はぜひ挑戦してみたい。

水遊び汚れた車を洗車すると、ホースで水を出しはじめ、案の定、気がつけば水浸しに。

こういう時、率先して遊ぶのは女子のお二人。

びしょびしょになって楽しんで、急に寒さに気づき震えて、お風呂のシャワーで温まって、着替えて。

いつものコースです。

外に出ていて、戻ってくると、子どもたちがいつもと違う感じに見えます。

なんだかワンパク度が増したような。

ちびっこギャング感が増したような。

個々人がパワーアップして、全体としてのパワーもアップしたような。

なんだかエネルギーを感じました。

ああ、やっぱりこれからが楽しみだ。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5