【ようちえん】やまぼうしのまいにち

救命講習中の保育【2020.12.2】

スポンサーサイト

本日はお母ちゃん&スタッフの救命講習第二弾。

勉強中の看板

なので、子どもたちは庭で遊びます。

ランチタイム早速ランチタイムの面々。

赤い服の彼は、今回唯一のつぼみちゃん。

お母ちゃんと離れて最初は寂しそうだったけれど、すぐに気持ちを切り替えてくれたようで、とりあえずみかんを食べてみます。

中を覗くこちらのお三方は、お母ちゃん恋しさ。

ではなく、中でみているDVDが気になるご様子で、覗き見中。

竹を運ぶボランティアのあっちゃんや、講習を受け終わったお母ちゃんたちもお手伝いに来てくれました。

こちらの準やまコンビ、おもむろに竹を運び出す。

次から次へと運ぶ。

運ぶだけ運んで、終了。

そう、目的はない。

ただ竹を運ぶ。

あえていうなら、それが目的。

電車ごっこ二輪車にのって、電車ごっこ。

片輪がパンクしているので、あまり大人数は乗れません。

他の子は走って、次の駅まで。

土をふるうこちらは、土器を作ると、土をふるっているところ。

日干しレンガの話になって、ワラを切っていれるらしいと話すと、土器からレンガ作りに変更。

電車ごっこ2お母ちゃんが変わっての電車ごっこ。

パンクしているから、押すのけっこう大変なんです。

お母ちゃんたち、ありがとうございました。

水いっぱいの水槽水いっぱいためた虫かごを運んでびしょびしょに。

半袖にスカートやし。

ひとりだけ、未だに夏。

あなたの姉もそうでした・・・。

竹を持つおもむろにこの長い竹を持ち、口にくわえていたつぼ彼。

めっちゃ長い火吹き棒。

それか、スイスのめっちゃ長い笛みたいな楽器『アルプホルン』

ワラと土を混ぜるふるった土に水とワラをいれてよく混ぜ合わせます。

調べてみると、ここから2ヶ月間寝かせるとのこと。

長いなぁ。

子どもたちの興味、そこまで持つかなぁ。

まぁ、そんな待たんくてもいいか。

子どもと相談して、やってみよう。

お昼に講習会も終了。

母との再会を喜ぶ子どもたち。

つぼみ彼も、よくがんばりました。

ありがとう。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5