【ようちえん】やまぼうしのまいにち

まったり農道散歩【2020.11.30】

スポンサーサイト

本日は農道散歩。

久しぶりに全員集合しました!

みんなでお散歩久しぶりの準やま彼は、お母ちゃんと一緒に参加。

もうひとりの準やま彼は、朝にお母ちゃんとケンカしたらしく、別れ際も久しぶりに泣いちゃいました。

それでもお母ちゃんの車が見えなくなると、涙を手で拭きながら歩いていきます。

すぐに気持ちも切り替えて、笑顔を見せてくれました。

あやとりもっぱらあやとりブームの年長彼。

いつでもどこでも、あやとり紐と一緒です。

冬いちごを食べるいつもの場所へつくと、さっそく冬いちご摘みにやってきたこちらの年少彼。

いつものごとく、黙々と食べ続けます。

砂遊び他の子たちもそれぞれ思い思いに遊びます。

砂遊びをしたり、

戦いごっこたたかいごっこをしたり。

信号トリオこちらの準やまトリオは、赤・黄・青の信号トリオ。

三人仲良く走ります。

そう思えば、突然、服を引っ張ってこかしたり。

まだまだコミュニケーションが荒削りな準やまたち。

それでも、子ども集団で過ごしだしてからのコミュニケーション力の向上は半端ありません。

ギッコンバッタン年少彼女と準やま彼も、いいかんじ。

二人でギッタンバッコンと船を漕ぎ合って遊んでいました。

冬いちご再度、冬いちごを食べに来た年少彼。

今回は、準やま彼も一緒に。

信号トリオ2信号トリオは、この斜面で砂遊び。

本当に、どこでも遊び場に変えてしまう天才たちです。

斜面に立つこちらの年少彼は、りょうこさんとまったりなひとときを満喫中です。

子ども同士でバーッと遊んだり、ひとりで黙々と遊んだり、大人と一緒にまったりと過ごしたり。

色々な過ごし方があります。

絵本を読むりょうこさんがもってきてくれた絵本。

読んでもらうのかと思えば、自分たちで読むとのこと。

しどろもどろ(いや、思っていたよりはスムーズでしたが)ながらも最後まで読み通した二人。

もう自分たちで読めるようになってきたんだぁとしみじみ。

まったりと本当はやまぼうしの家まで行って身体測定の予定でしたが、まったりじっくり遊びこむ子どもたちを見て、予定変更。

最後までここで遊んで、集合場所へ戻りました。

朝は寒かったけれど、日中は日差しに救われました。

太陽のありがたさを心底実感するこの時期です。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5