【ようちえん】やまぼうしのまいにち

褒められると嬉しいもんです。【2021.2.5】

スポンサーサイト

本日も農道散歩からスタートです。

ふみきり歩いていくと、年長コンビが高速道路のインターと化して待ち構えていました。

インターを通過していく子どもたち。

しかし、すぐ先には年長コンビを真似してインターやら踏切やらに化した子どもたちがさらに待ち構えていました。

料理今日はご飯作り。

やまぼうしの家に着くと、さっそく料理開始です。

年長コンビは工作で忙しいので、年少・準やまが切っていってくれます。

慣れたもので、こちらの三人はほぼほぼ安心して見ていることができます。

それでも、時には危険な切り方をしようとする時も。

そんな時はすかさず止めさせてもらって、安全な切り方を教えます。

安全あってのクッキングです。

ビュンビュンごま本日は準やま彼も親子で参加。

お母ちゃんがびゅんびゅんごまを作ってきてくれました。

うまく回せずに練習する年長コンビ。

びゅんびゅんごま、回したことあるでしょうか?

うまく回せた時の、ビュンビュンという音と風圧がとっても心地良くて、病みつきになります。

牛乳パックとタコ糸で簡単に作れるので、検索してぜひお試しあれ。

牛乳パックで工作工作熱が高まって、家から牛乳パックを持ち出して、工作タイムがはじまります。

今回は水陸両用車や海でも空でもいける乗り物などを作っていました。

混じって工作する年少彼。

どうすればいいか悩んでいたところ、年長彼がアイデアを教えてくれました。

「さっすが、○○く〜ん!」と褒め上手な年少彼。

年長彼もまんざらじゃなくて、「もう一回、言ってくれてもいいよぉ」ととっても嬉しそう。

最近、噛み合わないことも多かった二人ですが、ぐっと距離が縮まったように見えました。

お昼ごはん暖かい日差しの元、みんなでお昼ごはん。

今日も美味しい味噌汁と白飯でした。

何度もおかわりする子も続出。

味噌汁に入っているウインナー争いは毎度のことです。

色鬼たまに見かける、ルール知らないけどジャンケンするちびっこたち。

「ジャンケンポン」「あっ、あいこや」

「ジャンケンポン」「あっ、○○ちゃんの勝ちやぁ」

いったい、何をどう見て判断しているのかは未だに謎。

そしてジャンケンを終えると色鬼をはじめる。

「鬼さん、鬼さん、なぁに色?」

「みどり!」

「みどり、みどり!」とひたすら庭をぐるぐると走り回る子どもたち。

一方、鬼はブランコに座って、その様子を落ち着いて見ている。

そんな色鬼でも子どもたちは楽しそう。

ワクワクタイムじゅんさんのワクワクタイムが始まると、子どもたちが集まってきました。

おままごと一方、彼は、この前にちょっとトラブルがあって、気持ちを落ち着かせている様子。

みんなから離れて過ごします。

わくわくタイム2しかし、子どもたちの歓声の誘惑には逆らえなかった様子。

すぐに、みんなの輪の中に混じって、楽しんでおりました。

それでも、僅かな時間でも、あのクールダウンの時間は必要なんだろうな。

帰り道暖かな日差しを浴びながらの帰り道。

今週もたくさん遊びました。

来週もまた楽しもう。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5