【ようちえん】やまぼうしのまいにち

階段作り【2020.2.9】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

集合場所集合場所のバンガロー付近で遊ぶ子どもたち。

もうここで、存分に盛り上がっておりました。

年少・準やまちゃんたちはすでにまとまった感があって、集団で走り回っております。

お昼ごはん

切りの良いところで、広場へ出発。

イレギュラー参加の準やま彼女はお母ちゃんとの別れ際だけ泣いていましたが、すぐに泣き止んで、歩き出す頃にはすっかり元気に。

私と手をつなぎながらグングン山を登っていきます。

はぁはぁと息を切らしながらも、たくさんお話もしてくれました。

広場に着くと、女子たちはお弁当。

一人がシートを広げると、一人また一人と集まってきて、いつしか女子会に。

太陽が出ていると暖かいのですが、隠れると途端に寒くなります。

太陽が雲に隠れるたびに「太陽さ〜ん!」と大声で呼んでおりました。

抱っこ

久しぶりに私におんぶをせがんできた年少彼女。

しばらくおんぶしていたのですが、重くなったので降りてもらいました。

と、数秒後に今度はユウコさんの背中の上に。

たくみに大人の背中を渡り歩く年少女子なのです。

行き倒れごっこ最近、流行の行き倒れごっこ。

行き倒れるのは年少彼。

年少彼が倒れると、「○○くんが倒れてる〜」と発見した子は嬉しそうにみんなを呼びに行きます。

カッパで治療やはりこちらの年少彼は、雨合羽を取り出して、ひらひらとして治療します。

おむつで治療こちらの準やま彼はおむつを出してきて、おむつ越しに覗き込み、おむつで体をスキャンして診察しておりました。

他の子もビニール袋を出してきたりと、それぞれ自分のリュックからなにかないかと探してきては、治療する。

手持ちの道具で工夫しているのか、色んなものが出てきて面白いです。

一人で階段つくりふっと見ると、年長彼は一人で階段つくり。

最近ちょっと不安定な彼。

卒園が近づいていることや、その他もろもろ、なにか彼の中で色々とあるのでしょう。

なぜだが、一人で階段作りをしている彼を見て、切ない気持ちになった私。

ここ数日、注意することが多くて、一緒に思い切り遊んでいないなぁと気づき、

「○○くん、階段作るの手伝っていい?」と聞くと、

「別にいいけど」とそっけない返事。

一緒に土けずって、根っこを切って、小石を運んでいると、他の子もそれに気づいて、みんなが石を運んできます。

「一人で階段作ってたら、たける父ちゃんが来てくれて、そしたらみんなが石持ってきてくれたね」と満面の笑みの年長彼。

なぜだか涙が出そうになりました。

素直な彼なんです。

レストランごっここちらの集団はレストランごっこが盛り上がっておりました。

子どもたちだけで、どんどんと遊びを楽しんでいきます。

頼もしい年少・準やまさんたちです。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5