【ようちえん】やまぼうしのまいにち

巨大な瓶【2021.3.9】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

手をつないで歩く最近、仲良しコンビの準やま彼と彼女。

今日も、二人して山を登ります。

階段になってきつくなってくると、どちらともなく手をつないで協力して登っていきます。

落ち葉で遊ぶ広場についたら、落ち葉を運んで集めて、落ち葉プールで遊び、一緒にご飯を食べ、石を敷き詰めたところを温泉に見立てて遊び、石広いをして遊び、切り株をバイクに見立てて遊び、とにかく今日は二人の時間。

ひたすら二人で(ときおり私も混じって)遊び倒しておりました。

この二人がこんなに仲良しになるとは予想外。

子ども同士の関わりは私たちの予想を軽く飛び越えてきます。

絵本を読んでもらう久しぶりに来てくれたボランティアのあっちゃん。

年長コンビと年少彼女がそばを離れません。

ずっと一緒に絵本読んだり、工作したり、まったりと過ごしておりました。

あっちゃんは4月から正式にスタッフさんとして来てもらう予定。

こう見ると、やまぼうしのスタッフさんたちは、子どもたちの中に自然に溶け込める人ばかりのように思います。

前に出て引っ張っていくのではなく、そっとそばにいる感じ。

だからこそ、子どもたちもスタッフさんたちと一緒にいるのが心地いいのでしょう。

ケンカの仲裁おそらく準やま彼が年少彼の帽子を取ったことで、年少彼が泣きました。

そこにやってきたのはもうひとりの年少彼。

正義感の強い彼は、揉め事があった時は仲裁に入ります。

いつもなら、けっこうキツめに叱るけれど、今日はいつもと違いました。

準やま彼に「あのな、帽子取ったらあかんねんで」と優しく諭します。

しかし、準やま彼はあまりよく分かっていない様子で、「どうして?」

「帽子はな、取ったらあかんの。分かった?」とこれまた優しい語りかけ。

「うん、分かった」と素直な準やま彼。

そのやり取りが何だか面白くて、でもみんな真剣だから笑っちゃだめで、こらえるのに必死な私でした。

お昼ごはんそれぞれが自分で食べたいところにシートを敷くと、このような不思議な光景が生まれます。

よぉく見てください。

奥の方、真ん中よりちょっと右側に黄色いポツンが見えるはずです。

あれは年少彼の帽子です。

だからこの写真は3人の子が、それぞれ好きな場所でお昼ごはんを食べている図なのです。

お弁当を食べる場所ひとつとっても、それぞれのお気に入りの場所、食べたい場所がちゃんとあるんだなぁと関心します。

おままごと今日はイレギュラーの彼女も一緒に。

ゆっくりじっくりとご飯を食べて、食べ終わったぐらいに、年少彼がやってきて、いつの間にやらお店屋さんごっこが始まっていました。

時たまの参加だからか、どっぷり子ども集団の中に入るわけじゃないけれど、こうしてピンポイント的に、子ども同士で遊ぶ姿を見せてくれます。

このあとも、東屋のベンチに座って、他の子が遊んでいるのを眺めていました。

遊びに誘っても、ベンチにいたいようです。

私が石を運んでいたら、「いってらっしゃ~い」と声をかけてくれて、戻ってくると「お帰り〜」と言ってくれます。

そんな彼女ですが、家ではお母さんに「お母さんがいないやまぼうしが一番楽しい」と言ってくれていたそうです。

きっと今日も彼女は楽しんでくれていたはずです。

拾った瓶りょうこさんと年少・準やま男子三人が、森の中へ探検に行って帰ってくると、準やま彼の手には巨大なビール瓶が。

そそくさとリュックにしまいます。

こんなビール瓶見たことありません。

というか、こんなものを捨てていくなんて・・・。

年少彼の手にはオロナミンCの空き瓶が。

これも持って帰るそう。

ポイ捨てされた空き瓶も彼らにとっては宝物。

どんぐりとか、木の棒とか、石とかなら森のようちえんっぽい〜となるんですが、空き瓶、空き缶、鉄の棒などなどを拾ってくるはやまぼうしあるあるです。

スポンサーサイト

寄付用サイトを作りました

奇特な方がいらっしゃりましたら、よろしければ寄っていってくだされば幸いです。寄付用特設サイトはこちら

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5