【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ひとりの時間【2024.1.26】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家でごはんつくり。

親子でクッキングやまぼっこたち、今日は遊びに夢中で誰もごはんつくりはしないみたい。

準やま候補生親子が切ってくれました。

だんだんと馴染んでくれていく準やま候補生彼女。

はじめは包丁使うのは嫌だったみたいだけど、えのきほぐしたり、キャベツちぎったりはしてくれた。

やりながら笑顔も見せてくれて、その流れで包丁使って野菜も切ってくれた。

彼女のタイミングとお母ちゃんのタイミングと、それがちょうどぴったりくる時が必ずやってきます。

私たちはそのタイミングを待つだけ。

それがやまぼうし流のならし保育です。

クールダウンの時間さっきまで、楽しそうに鬼ごっこしていたけど、ふと見ると、ひとり網でたたずむ。

どうやらもめたらしい。

ともちゃんが遊びに誘ってくれるけど、彼女は全部首を横にふる。

たぶん、こうして一人でクールダウンする時間も必要なんだろうなあと思う。

こうやって、一人で、自分の感情を感じて、消化する時間が持てる。

もしかしたら、すごく大事な時間なのかもしれない。

そう思う。

お昼ごはん寒い寒い日のお昼ごはん。

温かいごはんと味噌汁が染み渡ります。

みんなもりもり食べる。

準やま彼もごはんが待ち遠しくて、勝手口の前でまだかと待っておりました。

お汁も飲んで、お米も食べて。

寒い日は温かいものを口に入れると、胃袋から暖まるのを本当に感じられます。

そして、太陽の陽射しのありがたさを痛感します。

昔の人が太陽を信仰した意味が分かります。

体験入学こちらの三人と、少し前に、一人の子が体験入学へ旅立ちました。

どんな気持ちなのかなあ。

どきどきするのかな。

昨日、体験入学だった子は、「楽しかったー」と言ってました。

小学生への階段登っていく年長さんたちです。

みんなで遊ぶ相撲をとっていた年長男子たち。

盛り上がっていたけれど、こけた時にひとりの子がお腹打って泣いてしまって、微妙な空気になった男子たち。

そのまま相撲をする雰囲気ではなく、さささーと網のところへ。

ごっこ遊びする年少女子三人に「何やってんの?」「ロケットごっこ」「いーれーて」

それで混じって、みんなでロケットごっこを楽しんでいたやまぼっこたちです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5