【ようちえん】やまぼうしのまいにち

贅沢なランチ【2024.1.25】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

雪が積もっている寒い日は魔女の家を通り過ぎて、緑の広場へ。

魔女の家はくつわ池屈指の極寒エリアです。

他のところに比べて、雪の残りが違います。

すべらないように慎重に橋を渡る。

炊事場が凍っている魔女の家の炊事場は冬季、水道が凍らないように、ポタポタと水を滴らせています。

それが炊事場で凍っていました。

氷採取に余念のないやまぼっこたち。

焚き火緑の広場についたら、さっそく焚き火。

子どもたちも、枝を集めたり、焚き火台の中で枝を組んだり、準備します。

昼ごはんを焼く各々が焚き火で焼くものを持参。

お弁当がアルミ包みだらけです。

最近の流行りは、パン。

食パンに具材を挟んで、焼く。

りょうこさんはマフィンにチーズハム。

めちゃくちゃ美味しそう。

今度、やろーっと。

他にも、りんご、おにぎり、焼き芋、ちくわ。

ちくわも美味しそうだったー。

寒けど、このランチがお楽しみです。

トランプする寒くても、やっぱりトランプ。

ときおり、雪舞い散る中、ババ抜き。

お絵かき寒くても、工作。

ときおり雪舞い散る中、折り紙にお絵かき。

やまぼっこたち、寒さの感度がちょっと普通じゃありませぬ。

落ち葉を燃やす焚き火に夢中なこちらの二人。

落ち葉を次々に燃やすのを楽しむ。

二人で仲良く落ち葉を燃やしていたが、途中からベテラン焚き火職人の二人が来て、「葉っぱ燃やし過ぎや」「もっと枝をいれなあかん」とああだこうだと焚き火助言。

すっかり気落ちした二人。

「分かってる。今、枝入れようと思ってた」と言い換えす年長彼。

なんかそのやりとりがおもしろかった。

小学校へ今日は彼が小学校の体験入学へ。

明日はまた違う子たちが体験入学へ。

こういうのを見ると、もうすぐ卒園なんだなーとしみじみきます。

冒険ごっこ武器を持って、架空の敵を探しに山の中へ。

今回は私も一緒に。

こういう遊びをすると、かっこいい枝を探して、すっかりその気になって遊んじゃう。

男心をくすぐるのは年齢関係ないのかな。

途中から女子たちも混じって、みんなで遊ぶ。

武器を持って帰るまたねの会。

気がつけば、武器をリュックに装備していた彼。

武器を持って帰るあれ、こっちの彼も。

気がつけば、男子ほとんどが武器を持って帰ろうとしていた。

男子あるあるなのでしょう。

こうして各家庭に枝がたまっていくのでしょう。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5