【ようちえん】やまぼうしのまいにち

今年も親水公園へお邪魔させていただきます【2023.6.8】

スポンサーサイト

本日は袋谷親水公園へ行ってきました。

今年度、初めての親水公園です。

今年も木曜日、川遊びを堪能させていたきます。

ありがとうございます。

撮りがいのある親水公園初日に、まさかのカメラを忘れるという失態。

なので、携帯電話のカメラでお送りします。

ザリガニを発見早速、川で生き物探しをする子どもたち。

なぜだか知らないが、カニの死骸がたくさん見つかる。

去年までは見なかった大きなアメリカザリガニも死骸で二匹も見つかる。

いったいこの川で何があったのか、子どもたちの中で話が膨らむ。

魚が来たんだ、クロマグロだ、トビウオだ、ジンベエザメだ。川ワニが来たんだ、川サメが食べたんだ。川サメは透明だから見えないんだ。

自分たちで話していて、その内容に自己増殖的に興奮していく。

なんとも楽しそう。

顔よせあう女子たち女子たちは何やら顔寄せ合う。

なんかの本見てたのかな。

このあとも、年長彼女がみんな用にと大量に持ってきた水着を誰が着るのかで盛り上がり、着替えるので盛り上がり、それだけで楽しくなっちゃって、全然川へやってこない。

兄弟愛真ん中のデニム彼が工作していて、手前の年少彼女も別の工作してて、使いたい材料がかぶって、ちょっともめそうになり、年少彼女が少し劣勢になりそうになった時に。

兄の年長彼が登場。

争いを好まない彼は、どちらの意見も聴きながらも、明らかに妹を守ろうとしていました。

やまぼうしあるあるなのか、きょうだいで通ってくれている子たちは、プライベートでずっと一緒の分、やまぼうしでは別々で遊ぼうぜ的な感じで、それぞれに遊んでいることのほうが多いです。

だから、こうした兄妹愛を見たのは新鮮。

なんか、キュンとしちゃいました。

おじキュンです。

川遊び

ようやく川に来た女子たち。

来たら来たで、川の中にじゃぶじゃぶ入って、豪快に遊ぶ。

そういえば、歴代やまぼっこたちも、女子たちのほうが遊び方が豪快だったような。

男女差なのか、偶然、やまぼうしに来る女子たちは猛者ぞろいなのか。

ごっこ遊び年少女子二人があいも変わらずに仲良くごっこ遊びをしていると、こちらの年長彼がパーッと走ってきて、二人に「なにしてんの?」

二人は「ごっこ遊びー」。

彼「いーれーて」

入るんかーい、と思わず心の中でつっこみが。

別に年少女子のごっこ遊びに、年長彼が入ってもいいんです。

大人の勝手な固定観念で、そんなことは起こらないだろうと思っていることが結構あります。

やまぼっこたちを見ていたら、それに気付かされます。

そして、年少女子のごっこ遊びに、年長彼が混じっても、誰もなにも言わない、それが当たり前の環境って、我が園ながら、いいなぁって思います。

生き物探し年長さんの生き物探し術を見て覚える年少彼。

彼にとっては、毎日がいい刺激で、いい学びなんでしょう。

帰り間際には、リスも出てきてくれました。

様々な生き物(骨も含む)に出会える親水公園。

今年もどんな出会いがあるのか、どんな出来事が起こるのか、楽しみです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5