【ようちえん】やまぼうしのまいにち

栗三昧【2020.9.29】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

おはよの会で今日の行き先を話し合い。

またもや、行き先が分かれて、話し合いが長引くかと思われましたが、

年長彼、早く栗拾いに行きたいとのことで、早々に年長彼女の意見に合わせました。

ということで、本日は魔女の家経由つぼみちゃんとこ遊びに行くコースに決定。

栗拾い落ちてる落ちてる、クリのイガ。

実も転がっていて、イガを割らずとも拾える。

早速、拾いまくります。

そして準やま彼にご注目。

前後ダブルリュック背負いです。

これ、ふたつとも彼のリュック。

いつもの青いリュックにはお弁当やら水筒やらいつもの荷物。

赤いリュックには新調してもらったハサミ、お気に入りのおもちゃ等々、彼の大切なものが入っています。

両方持っていくと言い張る準やま彼。

持ってくれるなら、ぜんぜんOKです。

持ってくれるならね・・・。

意気揚々とダブルリュックで出発です。

手をつなぐ今日気づいたのですが、準やま彼は手をつなぐのが好き。

今日は年長彼女と。

そういえば、歩く時はたいてい誰かと手を繋いでいる気が。

人肌を欲しているのか。

寂しがり屋なのか。

甘え上手なのか。

はたまた歩くのが楽になるからなのか。

真相は準やま彼のみぞ知る。

クリだらけここにも落ちてる落ちてる。

たくさんのクリ。

年長コンビと年少彼女は拾いまくります。

のんびり散歩こちらのお二人は、のんびり歩きます。

クリにもあまり興味なし。

楽しみ方はそれぞれです。

呼びに戻るあまりにも来ないりょうこさんと年少彼を呼びに来た道を戻る年長コンビ。

一緒に来たしばらくするとりょうこさんと年少彼と一緒に戻ってきた年長コンビ。

こういうことするから、二人の運動量は他の子の倍近くになります。

リュックを引きずる

だんだんとリュックが重くなってきた準やま彼と年少彼。

絶対に背負ったほうが楽なのに、おろして引きずり出す。

手助け年少彼はまさかの準やま彼に、リュックをもってほしいと交渉。

そして、準やま彼もまさかの了承。

リュックを準やま彼に渡して意気揚々と先に行く年少彼。

リュック3つに困惑する準やま彼。

先を急ぐ年長彼女。

私「ちょっと待って。準やま彼がなんかえらいことなってるわ」

準やま彼を見て、「ちょっと助けてくる」と年長彼女。

リュックを2つ持ってあげていました。

手助け2「ちょっと年長彼〜」

と年長彼女に呼ばれて、やってきた年長彼。

「年長彼も手伝って」と言われてリュックをひとつ渡される。

そんなに乗り気じゃなかったのだろう。

「う、うん」と歯切れの悪い返事をしながらもリュックを受け取る年長彼。

話し合いしばらく歩くが、やはり年長彼、腑に落ちないのでしょう。

「年少彼だけ何も持ってないのはずるい」

それには年長彼女も同意。

急遽、子どもたちだけで会議がはじまりました。

年長コンビ、年少彼に何だったら持てるのかを問い、提案していきます。

その言い方は威圧的ではなく、極めて冷静。

だから年少彼も泣くことなく、話し合いに参加しておりました。

最近、久しぶりに意地悪だなぁと感じる場面があった年長コンビ。

でも、やっぱりこうして年下を助けてくれたり、怒りをぶつけるのではなく冷静に話し合ったりと、やまぼうしをとりまとめてくれる姿もある。

当たり前だけど、どっちもあるんだなと改めて思いました。

お弁当を持つ話し合いの結果、年少彼は自分のお弁当を持つことに。

これで、みんな納得がいったようです。

親子組と合流たくさん歩いて、ようやくつぼみ組と合流。

一緒に遊んだり、お弁当を食べたりと、つぼみちゃんとのひとときを楽しみます。

出発そして、また出発。

つぼみちゃんのお母ちゃんとは走り回って遊んでいた準やま彼と年少彼。

しかし、つぼみちゃんと分かれて二分。

充電が切れたようで、「疲れた〜」と泣き顔。

リュックを持つと、軽快な足取りな二人。

そして、年少彼女も、さすがに疲れたよう。

三人のリュックをりょうこさんと分担して運ぶ。

絆創膏を貼る道中にこけたのか、手のひらにポツンと血がにじんだ年少彼。

絆創膏を貼ってほしいとのことで、取り出すと、年少彼女が、

「私が貼る」

年少彼の手のひらに貼ってあげておりました。

BB弾を拾う見つけたのは大量のBB弾。

誰かがサバイバルゲームでもしにきているのか?

クリを拾うのと同じようにBB弾もひろう。

大人はクリは欲しくてもBB弾はいらない。

でも子どもたちにはそんなの関係ない。

クリもBB弾も同列。

休憩長い道のりを終えて、バンガローへ帰ってきました。

さすがの年長彼女も疲れたようで、横になって休憩。

すぐに起き上がって、ふりかけ屋さんをオープンしてましたが。

ナイフで枝を削る年長彼は黙々とナイフで枝の皮を削っておりました。

ごっこ遊び年少コンビもごっこ遊び。

年少彼女が誘って、年少彼と同じ家に住むことに。

二人だけで何やら話してごっこ遊びを繰り広げている。

なんだかとってもいい感じ。

年少彼女、今日で年少彼との距離がグッと縮まった感じ。

帰りも車まで年少彼を探して、バイバイしにきてました。

水筒にBB弾準やま彼もBB弾をひろっていたようで、

気がつけば水筒のストローに押し込んでしまっていました。

私が捕ろうとしたけど取れない。

家でお母ちゃんに吸ってもらうことに。

ちゃんと取れたかなぁ・・・。

採った栗これはまだほんの一部。

たくさんのクリを拾えました。

木曜日と金曜日、やまぼうしの家で遊ぶ時に炒って食べようね。

今から楽しみです。

今日の絵本

作:木村 祐一 絵:福田いわお『ぼくのだ ぼくのだ』

さとう めぐみ『くものこ くー と そらのなかまたち』

作:苅田 澄子 絵:西村敏雄『じごくのラーメンや』

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5