【ようちえん】やまぼうしのまいにち

準やま彼女と年長彼女【2022.10.13】

スポンサーサイト

本日は袋谷親水公園へ行ってきました。

迷路遊び年長彼の影響か、最近よく迷路を描いている年中彼。

完成した迷路をやらしてくれたが、ルールがよく分からなくて困る。

それをさっしてか、私の指を掴んで導いてくれる年中彼。

まさかの自動迷路で、楽してクリアすることができました。

水遊び思いがけず暑い一日。

もう水遊びは終わりだろうなぁと思っていたら、この気候。

もちろん、水に入るこちらのお二人。

存分に濡れて楽しんでおられました。

抱っこをする年長彼女に抱っこしてもらう準やま彼女。

この年齢差だと、かわいいかわいい、でお世話してくれる。

これが年少さんになると、自己主張強くなってきて、年中・長さんの思い通りになんか、もちろん動いてくれなくて、小競り合いも増えていきます。

そういうの通して対等の仲間になるんでしょうが、その前に、こうして、年上の友達に、かわいいかわいい、してもらう時期があるっていうのも、いいもんだなぁと思ってます。

もみくちゃ遊びスタッフたちともみくちゃに遊んだあとは、子ども同士でもみくちゃ遊び。

年少彼も混じって。

年少彼、時々、年中・長に怒られながらも、特にめげることなく、遊び続ける。

まわりの子も、そんな彼を仲間として接している感じ。

ごっこ遊び女子トリオ+年中彼。

おなじみのごっこ遊びチームに、準やま彼女も混じって。

日を重ねるごとに、やまぼっこたちに馴染んでいく準やま彼女。

この前、おためし預かりした準やま候補彼女も、お迎えに来ると、みんなが受け入れ体制。

こうして一人づつ仲間が増えていくのです。

幼虫を捕まえる今日の虫捕り少年たち。

ついに這う虫、飛ぶ虫を経て、幼虫を見つけた少年たち。

ひたすらに土を掘って、幼虫6匹見つける。

せっせと土を虫かごに詰め込む。

ほとんどしゃべらずに、緑帽子の彼がスコップで土を掘って、オレンジ帽子の彼の手に渡す。

オレンジ帽子の彼はそれを虫かごに入れる。

その流れ作業を黙々と続ける。

カブトムシの幼虫だと言うが、たぶん、おそらく、カブトムシではない。

いったい何が生まれでてくるのか。

怖いような楽しみなような。

報告待ってます。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5