【ようちえん】やまぼうしのまいにち

雨の川【2021.3.12】

スポンサーサイト

本日も農道散歩からスタートです。

境内に入る時折よる氏神様の神社。

私は一番に入っていった子と一緒に。

あとから入ってくる子を見ていると、一人でもそれぞれ、きちんと鳥居をくぐる前に帽子を脱いで入ってくる。

その姿がなんともかわいい。

神社での作法は私たちが教えたたけれど、いつしかそれが子どもたちの中にも浸透していたようです。

恒例の神様へのご挨拶は、もうすぐ年長コンビが卒園すること、年少さんたちが年中さんになること、新しい仲間が増えることをお伝えして、守ってくださるようお願いしてきました。

卒園を報告する年長コンビを見ていると、やはり感慨深いものがあります。

草木染御飯作りで、紫大根を持ってきた子が。

年長コンビ、その皮を使って染め物をやりたいと。

玉ねぎの皮もあったので、2色染めに挑戦。

汁を用意して、食事前にパパッと染めちゃう二人。

ちびっこたちは、そのまわりで何が起こるのか不思議そうに眺めています。

染めたハンカチあっという間に、きれいな2色染めの完成です。

二人の手付きもなれたもので、自分たちであっとうまに染めてしまう。

玉ねぎ染めを始めた頃は、てんやわんやしていたのに、大したものです。

マシュマロを食べるこちらの年少彼は、みんなで食べたいとマシュマロを持参。

マシュマロ屋さんになって、みんなに配ってご満悦です。

彼自身は焼かない派なので、すぐに食べてましたが、他のみんなは焼く派。

それぞれ自分たちで枝を探してきて、それに刺して焚き火で焼いていきます。

まっ黒焦げになったものでも、自分で焼いたものなら美味しいんです。

焚き火台の中に落として灰だらけになっても、また拾って、洗って、焼いて食べたらいいんです。

上手に焼けるよりも、自分で焼くというほうが大事なやまぼっこたちなのです。

雨を飲む帰り際に降ってきた雨。

みんな、カッパを着て歩きます。

準やま彼女はカッパを着るのさえ拒否。

気休めのタオル頭乗せで歩きます。

雨の日お決まりの雨飲み。

大人は絶対に飲みたくないけれど、それは酸性雨とかなんとかの情報があるからなのかな。

そもそも降ってくる雨がきれいなのか汚いのかも知らない。

なんとなく、飲まないほうがいいという認識はあるけれど、その情報の正確さは不明。

子どもたちはそんなの関係なく、降ってくる水を楽しんで、水が降ってくるから当たり前のように飲むんでしょう。

今度、私も飲んでみようかな。

川を歩く川に雨が落ちてたくさんの波紋ができているを見て、「わぁー」とテンションあがる年長彼女。

それで、川に降りることに。

川の中をバシャバシャ歩きます。

みんなで川の中を歩く

川は用水路につながっています。

もちろん、他の子も入って歩きます。

雨でも楽しめる彼ら彼女らはたくましいです。

スポンサーサイト

寄付用サイトを作りました

奇特な方がいらっしゃりましたら、よろしければ寄っていってくだされば幸いです。寄付用特設サイトはこちら

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5