【ようちえん】やまぼうしのまいにち

春の陽気【2021.3.15】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

子どもの喧嘩風呂場目指して出発してすぐ。

ロープをめぐって喧嘩をするこちらのお二人。

お互いに一歩も引かず、叩かれてもロープを離さない。

しまいには、準やま彼は大泣き。

年少彼もあとにはひけない感じで、ロープを引っ張ったまま気まずそうな顔。

と、違う場所から準やま彼女の泣き声が。

即座に現場へと向かう年少彼。

どうやら準やま彼女は、もうひとりの準やま彼と喧嘩したみたいです。

そこで、年少彼は以前と同じように優しく準やま彼を諭します。

それでも準やま彼女を押そうとした準やま彼に年少彼は「押したらダメって言ったでしょ」と毅然とした態度。

見事な仲裁役に関心しながらも、(ついさっきまで、いや、なんならまだ喧嘩している最中やったやんなぁ)と年少彼の気持ちの切り替えの早さに混乱する私なのでした。

絵本タイム広場についてからは、もう本当に平和な一日。

工作したり、穴掘ったり、石運んだり、走り回ったり、リョウコさんと二人で話し込んだり、おままごとしたり。

特別な出来事というものこそありませんでしたが、穏やかに時間が過ぎていました。

特筆することもないのですが、子どもたちは楽しそうにいつもどおり、いや、いつも以上にほがらかに遊んでおりました。

うまく言葉にはできないのですが、こういう日もあるんですね。

工事を見る子供たち

思う存分遊んで、広場から降りてきた子どもたち。

いつもならそのまま急いで遊具のある広場まで行ってお迎えが来るまで遊ぶのですが、今日はバンガロー付近で座り込みます。

工事をしている重機を眺めているんです。

見慣れない重機があったので、乗り物博士の準やま彼に聞くと、「あれは、コンクリートポンプ車だよ」と即答。

さすが乗り物博士です。

広場での朗らかな時間が影響してなのか、春の陽気のせいなのか、ここでもしばらくまったりと座り込んで黙って工事を見守る子どもたち。

春は暖かくて、ぽーっとしがち。

そんな感じの一日でした。

スポンサーサイト

寄付用サイトを作りました

奇特な方がいらっしゃりましたら、よろしければ寄っていってくだされば幸いです。寄付用特設サイトはこちら

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5