【ようちえん】やまぼうしのまいにち

新たな門出【2021.3.16】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

お誕生日会朝一番で、年少彼のお誕生日会をしました。

いい感じの丸太にお花をそえて。

恒例のお母ちゃんからのお話。

今回はフォトブックを見せてくれながら話してくれました。

毎回思いますが、私が知らない赤ちゃんの時の年少彼の写真を見て、話を聞くと、当たり前なんですが、そんな時期もあったんやなぁと感慨深いものがあります。

それと、母が子を産むということのすごさも再認識。

私は三姉妹全員の出産に立ち会うことができました。

三女では念願の正面から出てくるところを見せてもらいました。

立ち会うたびに、出産というものの凄さ、母の強さ、新しい生命が生まれ落ちるという不思議。

そんなことをいつも感じさせてもらいました。

こうして産まれた時のお話を聞くと、そうした感情が蘇ってきて、ここにいるお母ちゃんたちはみんな我が子を産んできたんだなぁと、また感慨深くなっておりました。

プレゼント

年長コンビからのプレゼント。

年少彼がボードゲームが好きというので、オリジナルのボードゲームを作ったそうです。

昨日のやまぼうしでの時間とを使い、それでも間に合わず、それぞれ家に持ち帰っての宿題もあり、朝も誕生日会がはじまるまでせっせと作業しておりました。

取扱説明書もついていて、そのクオリティはかなりのハイレベル。

誰かのために、これだけの労力を使い、しかも年少彼の好みに合わせてプレゼントを用意できる二人は、すごすぎます。

運動会誕生日会のあとは、つぼみちゃんもやってきて、合同で運動会をしました。

去年と同様、かけっこしたり、障害物競走したり、松ぼっくり玉入れしたり、大人リレーしたり。

いつもは自由にすごすやまぼっこたち。

だから、たまにこうして整列したり、一斉に走り出したり、決められたことをするのが、新鮮なようで、とても楽しみます。

こういうのを見ると、小学校入学前に大人の言うことが聞けるように、とか、席に座っていられるように、とか小学校に入る前に、したいことを我慢する練習するよりも、毎日全力で自由に遊び回っているほうが、入学した時に小学校のやり方が新鮮で、学校での生活も楽しみながら過ごしていけるんじゃないのかなぁとこの子たちを見ていると思う時もあります。

恒例の大人リレー。

誰も怪我することなく終えてよかったです。

ちなみに私は家に帰ってきてからすでに裏ふとももが筋肉痛。

はたして明日、歩けるのか。

心配です。

山で遊ぶ運動会が新鮮で楽しむのは確かですが、年齢が下がれば特に、その時間にも限度があります。

彼は、途中からもう嫌になったようで、「もう帰ろう」と母に大泣き。

ようやく運動会も終わったので、帰ってもいいよ、と思ったら、復活。

私を連れて山へ入っていきます。

山の中を縦横無尽に走り回り、他の友達に会うと笑顔で逃げます。

「帰ろう」と言っていた彼はどこへやらです。

やっぱり、自由に遊ぶがあってこその、決められた行事です。

親子組の卒園式

運動会終わって、しばらく遊んだ後は、つぼみちゃんのお誕生日会&つぼみ卒園式。

今日でつぼみが最後の子たちがいました。

つぼみを卒園して、他の幼稚園や保育所に通われます。

私はほとんどつぼみさんには入らないですが、いつもつぼみから帰ってきたジュンさんは「楽しかったぁ」と言っています。

ジュンさんの話を聞いていると、やっぱりつぼみ組の重要性を感じます。

それは、子どもというよりも、お母さんにとって必要な場所なんだなと思います。

母が笑って楽しんで、子どもたちを暖かく見守る。

そうした、いわばつぼみイズム、やまぼうしイズムは、卒園しても、お母ちゃんたちの中にしっかりと染み付いているように感じます。

だから、つぼみちゃんから他の園に行くのは、やまぼうしイズムを広めてくれているようなものです。

そうした広がりも何だか面白いなと思っています。

つぼみちゃんは卒園しても、きっときっとこれから末永いお付き合いが続くはずです。

卒園したお二組、ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

寄付用サイトを作りました

奇特な方がいらっしゃりましたら、よろしければ寄っていってくだされば幸いです。寄付用特設サイトはこちら

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5