【ようちえん】やまぼうしのまいにち

久しぶりの雨の庭遊び【2021.6.4】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家に集合です。

雨の中で遊ぶかなりの大雨でしたが、子どもたちは当然のように庭で遊び始めます。

ご飯を食べる場所がなかったので、タープを貼ると、さっそくシートを敷いてお弁当を広げる子どもたち。

ブランコやまぼうしの庭で人気のブランコ。

こちらの年中彼女、スタッフさんたちに代わる代わる押してもらっていましたが、ついにみんな他の子と遊んでいて、押してくれる人がいなくなりました。

それでも「誰か押して〜!」と呼び続ける彼女。

そこにやってきたのが、こちらの年少彼。

年中彼女も押してもらって満足そうでした。

ミミズ農園雨の日は、大量のミミズが顔を出します。

こちらはミミズ農園。

捕まえたミミズを集めて、土の中に入れて、ミミズ農園です。

他の子がここにミミズを買いに来ます。

ミミズを買った子は鍋などにいれて愛でます。

お昼ごはんこちらの年少彼はさっきまで、ブランコをめぐって年中彼とケンカしておりました。

先にブランコに乗っていた年少彼のところへやってきた年中彼。

年中彼もブランコに乗りたい。

もちろん年少彼もまだ乗りたい。

無理やり乗ろうとする年中彼。

泣いて拒否する年少彼。

しばらく見守っていましたが、どうやら収集つかない感じ。

どうしたものか、と間に入ったら、年少彼は鼻が拭きたいと、リュックへタオルを取りに。

鼻を拭き終わって、お弁当を出しはじめる年少彼。

あれ?と思って「○○くん、ブランコもういいの〜?」と聞くと、

「お腹空いたからお弁当食べる」とのこと。

年中彼、念願のブランコにのることができました。

ケンカひとつとっても、どこまで見守るのか、間に入ると判断して、どう対応するか、など色々悩みます。

でも、こんな感じに、拍子抜けするような終わりを迎えることも少なくはありません。

家の中で遊ぶ子どもの中から、「家で遊びたい〜」という声があがれば、家の中に入ろうと思っていたけれど、ぜんぜんそんな声も上がらず、外で遊び倒す子どもたち。

13時ころ、さすがに子どもたちも疲れてきたみたいで、屋根の下に集まって、おつかれ顔。

ということで、家の中へ。

久しぶりの室内での遊び。

子どもたちもすっかり元気になって、室内でしかできない遊びを満喫しておりました。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5