【ようちえん】やまぼうしのまいにち

りょうこさんではないんです【2021.1.18】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

みんなが集まるまでバンガロー付近で遊んで待ちます。

全員そろって、おはよの会をして、どこへ行こうかと相談。

まずはいつもの広場へと探検へ行くことになりました。

登山うんとこしょと登っていきます。

そして、広場へ着くとすぐに年長コンビが「戻りた〜い」と。

他の子も「戻る〜」と。

というわけで、とんぼ返りで戻ることに。

両手をつないで今日はりょうこさんのお子たちが、学校が振替休日のために手伝いに来てくれました。

お姉さん好きなこちらの男子お二人。

ちゃっかりとお姉さまと手をつないで。

準やま彼に関しては、ずっと手をつないでそばから離れませんでした。

移動バンガローへ戻ってきたけれど、年少彼がそこから見える遊具のある公園への誘惑に負けそうなので、本拠地を移動することに。

みんなで魔女の家へ向かいます。

お昼ごはんここに腰を下ろして、早めに食べる子たちはお昼ごはんを広げます。

離れてお昼ごはん遊具の誘惑に負けそうだった年少彼は、みなと離れてここで食べることに決めたようです。

彼はいつも自分で食べたいところを選んで、食べている気がします。

川で遊ぶ年長彼は年上のお兄ちゃんと一緒に遊べて嬉しそう。

小学生クラスをしたら、こうしてやまぼうしの子たちとの合同をしてもいいなぁと妄想が膨らむ私です。

綿あめ作り昨日、にち森でやった綿あめ作りを今日もしてくれました。

子どもたちも興味津々で集まってきます。

斜面を登る寒くなったらとにかく走ります。

こんな斜面も登っていきます。

落ち葉もまだまだたくさんあったので、落ち葉プールでも遊んで。

綿あめ作りに夢中こちらの女子お二人は、綿あめ作りに夢中。

ほかのみんなが遊びに行っても、ずっと二人でやっていました。

なかなかうまくできないようで、試行錯誤を繰り返していました。

その根気はたいしたもんで、かなり長い間がんばって、ようやく「できた〜!」の声。

見に行くと、キレイに缶から綿あめが出てきていました。

杭に座る

おもむろにデートにでかける準やま彼と準やま彼女。

そして、おもむろに腰を下ろす準やま彼。

座ったのはなにかの杭。

座って、「いてっ!」と笑顔。

そりゃあ痛いでしょうよ。

そんなほっそいのに座ったら。

やることがいつも予想外で、笑いを提供してくれる準やまさんたちです。

アメをむさぼる綿あめを集めていた段ボール。

すでに綿あめは食べつくされ、中には飛び散って段ボールの内側にくっついたアメの小さな塊たち。

それをひっしに取って食べるこちらのお二人。

年少彼はこの段ボールを小脇に抱えて、アメを取って食べながら、絵本も聞いておりました。

日陰は寒かったけれど、日差しはまだ暖かい。

焚き火で暖もとれました。

明日はもっと寒いらしい。

基本、体を動かして温まって、最終的には焚き火で温まりましょう。

雪遊びできたらいいなぁ。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5