【ようちえん】やまぼうしのまいにち

泥温泉【2021.1.25】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

背中とお腹にリュック最近、リュック2個持ちの準やま彼。

前まではどちらかひとつを持ってほしいと言っていましたが、近頃は背中とお腹に背負って、勇ましく歩いていきます。

お母ちゃんいわく、家でも自分とトランポリンをつなげてトランポリンを引っ張って鍛えているらしい。

自主トレに余念のない準やま彼です。

広場へみんなで広場へ向けて歩きます。

三女を背負うジュンさんを助けてくれる準やま彼です。

秘密基地を歩く広場へついて、秘密基地の中を探検。

枝をかいくぐって先へと進みます。

車ごっここちらの三人は探検ごっこが終わると、車ごっこに。

準やま三人がごっこ遊びしている姿にちょっと感動です。

ランチタイムそれまで一緒に遊んでいたのに、気がつけばおもむろにランチタイム。

いつも彼はおもむろです。

ツルを引っ張るこちらでは木にからまったツルを引っ張ります。

からみついていて中々とれないけど、全力で引っ張ります。

石でツルを切るとれたツルを切りたいそう。

はじめはノコギリを貸してくれと言ってきましたが、どうやら自然にあるものだけを使うというルールがあるようです。

なので、石をひろってきて、ツルを切ろうと試みます。

色々な石を探してきて、交代交代で削っていきます。

泥遊びいつもある泥たまり。

連日の雨で泥水たまりになっていました。

ちゅうちょなく入る準やま彼。

それに続いて入っていく準やま彼女。

呆然と見る泥水遊びを満喫する二人を呆然と眺める年少彼。

注意する「ストップ!ストップ!」となぜか止めようとする準やま彼。

汚れるのが苦手な彼。

でも入りたい気持ちもあるみたいで葛藤していました。

一度、入ろうとして、足を前に出すのだけれど、ブレーキがかかるのか、地団駄踏んで立ち止まっておりました。

やっぱり入っちゃうじっと見ていた年少彼。

すーっと吸い込まれるように入っていきました。

やっぱり入りたかったのね。

泥温泉こちらのお二人はもう泥温泉状態。

もちろん、このあと、「さむい〜」と震えながら出てこられました。

着替えてお弁当食べて、回復させます。

今日は日差しも暖かいので、太陽に当たって温まります。

森のようちえん年長コンビが先生の森のようちえんが開園しました。

ここの園は何ももってこなくていいそうです。

手を洗うのも葉っぱについた水滴で洗って、服で拭くのだそうです。

開園したら、入園希望の子どもたちが殺到して、この状態に。

秘密基地枝で秘密基地を作成。

ちんまり座っているのがかわいい。

かごめかごめ最後はかごめかごめや、あぶくたったをして遊んでから、集合場所まで戻りました。

今日もとっても暖かい日でした。

そして見事な泥遊び。

明日も同じくつわ池自然公園。

明日はどんな遊びが繰り広げられるかな?

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5