【小学生】にちようの森

にち森もちつき【2023.1.15】

スポンサーサイト

本日はにち森の日。

お餅つきの準備をするので、竹林ではなく、やまぼうしの家に集合しました。

もち米のゴミ取りやまぼうしで作ったもち米。

稲からお米にする作業もほぼほぼ自分たちの手で作業したやまぼうし米。

そのせいなのか、米の中に小石が混じっています。

それをみんなで、取る作業。

地味な作業だけど、これをしっかりしないと、食べた時に小石を食べて不快になります。

焚き火の準備こちらでは、焚き火の準備。

「焚き火やって〜」とお願いすると、大量の新聞紙団子を作り出す子どもたち。

独特な焚き火の仕方。

それでも、最終的には焚き火に成功していたので、これで良いでしょう。

餅つき餅つきをはじめると一通り、みんなついた後、こちらの二人は何度も何度もつく。

つくたびに、うまくなっていく。

ちから強く、いい音が鳴る。

さすが小学生。

今年一番できのいい餅ができました。

カルタお餅たらふく食べて、こちらではカルタがはじまりました。

穴掘りこちらでは穴掘りがはじまりました。

家つくりこちらでは家つくり。

カレンダーを丸めて、棒状にして、家をつくりだした子どもたち。

いつの間にか作り出し、いつの間にか家ができていた。

面白い発想をしてくれます。

足湯

こちらでは足湯。

この前ちゅう森でやった足湯をにち森でも実践。

前回、足湯したい、と言っていた子が喜ぶと思ってすると、その子は「入らない」とな。

思ってたのんと違ったみたい。

穴掘り穴掘ってたら、仲間が集まってみんなで穴掘り。

竪穴掘って、横からも掘って、トンネルつなげる作業です。

家に新聞紙を貼る家は新聞紙の屋根が貼られていました。

どんどんヴァージョンアップしていく家。

このあと藁の屋根をふく予定でしたが、子どもたちの集中力が途中で切れてしまったみたい。

このまま家の中に保管して、次回するそうです。

水を流すトンネル開通して水を流します。

このあと、石やら藁やらを敷いて、濾過システムをつくる子も。

遊びはどんどん広がります。

それぞれがそれぞれ、いろんな遊びを楽しんでいたにち森。

月に一回の集まりでも、毎月会っていると、少しづつ仲が深まっていき、最近ようやくチーム感がでてきました。

今年のにち森も楽しみです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【小学生】にちようの森

© 2023 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5