【ようちえん】やまぼうしのまいにち

女性の成熟度【2022.10.20】

スポンサーサイト

本日は袋谷親水公園へ行ってきました。

木登り木登りする二人。

左の彼は最近、少し登れるようになった。

右の彼が、もっと登れるように優しく導く。

それにつられて、登ってみる左彼。

前よりちょっとだけ高く登れた彼なのでした。

年長トリオ明日は待ちに待った年長登山。

年長トリオは明日の作戦会議か、何やら話し込んでいました。

明日のお昼ごはんはみんなカップラーメン持ってくるらしい。

前の大文字山よりちょっとだけ険しい山。

どうなるか楽しみです。

昼寝「眠い〜」と言うので、「寝たら〜」って返したら、昼寝しだした年長彼女。

しばらくこうしてゆっくりしていたら、また元気に遊びだした彼女です。

並んで本を読む

二人並んで、本を読む年長二人。

何やら長いこと楽しんでいた。

ただ走り回るだけじゃない。

なんだか年長の風格を感じる気もする。準やま彼女準やま彼女、帽子反対にかぶって、おばけになって年中男子たちを追いかける。

キャーキャー逃げる年中男子。

なんか、準やま彼女が年中男子と遊んであげてるみたい。

この格好で坂からずり落ちた彼女。

泣いたと思って近づいたら、笑ってた。

ほんで、また坂の上によじのぼって、追いかけだした。

た、たくましすぎる。

そして、常に陽気な彼女。

なんか、すごいなぁ。

来年なったら、準やま女子三人に、兄さんたち、タジタジなんだろうなぁ。

ベンチを作る青帽子彼がY字型の枝を見つけて、丸太をつかってベンチを作ろうとしていた。

それを見て、オレンジ彼も参戦。

二人で、いろんな枝を持ってきて、ああだこうだと色々試してみる。

もめると、年中二人が、丸太をまたいで何度か邪魔をしてくる。

当然、怒るベンチ組。

「やめて!」

そう言われるとしつこくやっちゃう二人。

もめている内に、なぜか一緒になって遊びだす男子四人。

子どもには子どもにしか理解できない世界があります。

戦いごっこあっちゃんVS子どもたち。

この前は私VS子どもたち。

もみくちゃになって戦います。

もみくちゃになっていると、「やめなさ〜い」とよってきた準やまちゃん。

私を心配して助けに来てくれたと思っていたら、なんと私を蹴ってきた。

あれ?

そして、雄叫びを上げながら去っていった。

あとで、「蹴ってきた?」と聞くと、ニコニコと笑顔。

ツワモノな彼女です。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5