【ようちえん】やまぼうしのまいにち

いざ、展望台へ【2022.10.18】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

魔女の家への道魔女の家への道すがら。

年長彼と先を行き、ふと振り返ると、誰も来ていない。

何やら虫探したり、何やら遊んでいたり、何やらしゃべっていたり、何やらもめていたり。

道中も立派なやまぼうしタイムなんです。

並んでごはん並んで食べるランチタイム。

ともちゃんが中央の仏様で、両端に並ぶ二人は小さな仏様で、三体並んだ仏像みたい。

ナナフシ

珍しいナナフシを発見。

でも瀕死の状態。

お尻になにやら卵なのか病気なのか丸いのがついている。

そう言えば、瀕死のカマキリも最近よく見る。

調べてみると、やはり秋は交尾・産卵の時期。

産卵を終えたカマキリはそこで一生を終えます。

やはり人生の一大イベントを終えて、余生を過ごしていた昆虫たちでした。

まさに命をとして、卵を産んだ虫たち。

なんだか少しセンチメンタルになりました。

展望台へ久しぶりに全員でハートの展望台へ。

道中、キノコを見つけてくれる子どもたち。

颯爽とキノコ図鑑を出して調べる私。

「これは○○や」

「こっちにもあったー」

また違うキノコ。

「これは毒キノコや」

「こっちにもあるー」

気をつけて見てみると、たくさんのキノコがあることを知った。

しかもひとつひとつ違うキノコ。

全部調べてたらキリがないので、先に進みます。

広場で遊ぶ

ここの広場で、遊びだす子どもたち。

昔はよくここで遊んだのを思い出します。

先を急ぎたい、こちらの彼。

「先に行きたいー」と言うので、「みんなに行ってきてー」と言うと、大きな声で「もう行くでー!」とみんなに回って言う彼。

彼の号令で集まってきて、展望台へ出発。

あまりそういうタイプじゃなかった彼も、言うようになったなー、と関心しました。

展望台で遊ぶ

展望台で家族ごっこ。

右端の年中彼がお父さん役で、お父さんの誕生日会で盛り上がる子どもたち。

なにやら大盛りあがりな子どもたちでした。

図鑑で調査

発見したカマキリ。

年長彼女が持参の図鑑で種類を同定させようと調べる。

すると年中彼もマイ図鑑を持ってきて調べる。

「これちゃうかな?」

「これやな」

と図鑑を見合わせて、確認しあう。

学者仲間のようです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5