【ようちえん】やまぼうしのまいにち

いろんな経験、いろんな感情【2022.12.2】

スポンサーサイト

本日はやまぼうしの家でごはんつくりの日。大根人間本日は、料理長兄妹の出勤が遅れているので、先にごはんつくりを開始。

まさかの子どもたち、誰も切らない。

ということで、ともちゃんと私が切ることに。

東屋の下、遊ぶ子どもたちを見ながら、黙々と具材切り。

定食屋の朝の仕込みみたい。

働いたことないけど。

切り終えた頃に、料理長兄妹が出勤。

二人とも切るとのことで、自分たちが持ってきた具材を切ってもらいます。

写真は、年長彼が持ってきてくれた大根。

誰が育ててどこで入手したのか年長彼に聞くが、予想通り「分からへん」という返事。

帰りにお母さんに聞くの忘れてたー。

遊ぶ子どもたちに「大根星人」と言って見せると、嬉しそうだった。

炊き出し私がご飯炊いて、味噌汁つくっている間も、子どもたちは思い思いに好き勝手に遊んでいる。

最近はじめたのは、炊き出しスタイル。

お椀持って並んで、順番に自分でついでいく。

これがけっこうスムーズでいい感じ。

今日は素麺持ってきてくれた子がいて、味噌汁に入れて食べたら美味しかった。

球根を植えるガーデニング好きのりょうこさんと球根や花の苗を植える。

年中彼女はりょうこさんとのこの時間が好きで、ずっと一緒にチューリップを植えたいと言っていた。

念願叶ってのチューリップ植え。

ガーデニングが好きなりょうこさんだからこそ、球根や苗の扱いも丁寧になり、それを見て真似する子どもたちも丁寧になる。

そーゆー自然さがいい。

寝転がる今日も今日とてたたかいごっこ。

戦って、時にムキになってケンカになりかけたり。

笑って誤魔化そうとしたら、「笑ってる場合じゃない!」と怒られたりたり。

たぶんそういうのでもめたのかな、後半から一人離れて違う子と遊んだり。

みんなやられて、重なりあって寝転んだり。

毎日、子どもたちはたくさんのことを経験して、いろんな感情が巻き起こっているのでしょう。

みんなで鬼ごっこ昨日、不安定な時期から落ち着いてみんなと遊ぶ姿が見えてきたと書いた年長彼。

今日は、めちゃめちゃ大人を求めてくる。

やっぱり子どもというものは、大人が思うような経過をたどるものではなく、一歩進んで二歩下がる形式で、行ったり来たりの成長なのでしょう。

でも、大人と二人っきりはいやらしく、誰か子どもを誘うけど、みんな他の遊びに忙しい。

求めて求めて、帰る間際に、ようやくみんなが鬼ごっこしてくれた。

嬉しい気持ちが顔からにじみ出ている。

しばらく鬼ごっこして満足したようで、意気揚々と帰っていた彼なのです。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2023 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5